《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。


【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

カテゴリ: 社労士サプリ


2018年も残すところ、
あと4日になりました。

いよいよ来年4月からは、
改正労働基準法が始動ですね。
外国人労働者の受け入れ拡大も
本格化します。


働き手が減少し、
巷では売り手市場だと
言われていますが、
確かにコンプライアンス遵守の
体制が整備できていない会社は
離職率が高く、長続きしない
傾向がうかがえます。

また、採用自体も困難に
なってきていますね。


すなわち、
会社の人事労務管理の重要性が
ますます高くなっていると言え
ます。

しかしながら、
労働法が求める観点で、
自社を俯瞰して確認することは
大変なことです。


経営者の皆さんは、

人事労務管理とはいえ、範囲が
広すぎるため、どこから検討
すればよいのかわからない、
といったこともあるでしょう。

また、

体制を改めるところがあるの
かもしれないけど、具体的に
どこなんだろう?

とか、

いやいや、改める云々よりも、
もっと前段階で、本格的な検討に
入る前に、ちょっと客観的な自社の
姿を確認してみたい

ということもあるかもしれません。



そんなとき、おススメなのが・・・


厚生労働省の「事業者のための
労務管理・安全衛生管理診断サイト
」です。
※「診断スタート」を選択します。



質問に対し、該当する回答を
選んでいくだけで判定をしてくれます。

もちろん無料で利用できます。


無料とはいえ、
しっかりとした診断の作りに
なっています。


(A)募集・採用、労働契約の締結
(B)就業規則・賃金・労働時間・年次有給休暇
(C)母性保護・育児・介護
(D)解雇・退職
(E)安全衛生管理
(F)労働保険・社会保険、その他


の分野別に診断結果が出されます。


専門家に本格的な労働条件
や労務管理の監査をしてもらうのは、
ちょっとハードル高いな・・・

でも、自社を客観視してみたい。

そんな風にお考えの経営者の皆さまは、
初めの第一歩として良いと思います。


通常より少し余裕ができる
年末年始に試されてはいかがでしょう。




スタートアップ労働条件:事業者のための労務管理・安全衛生管理診断サイト(厚生労働省)





社会の流れはペーパーレス。
電子化の動きは、益々加速していくばかり。
AIによる自動化も、どんどんと
普及しつつありますよね。
凄い世の中だと思います。


さて、税分野と比べると、
社会保険分野の手続きに電子申請を
利用する率は、まだまだの状況の
ようですが、年々上昇傾向にある
ようです。


さらに利用率を上昇させるべく、
厚生労働省のYouTubeチャンネルで、
電子申請のデモンストレーション
動画が作成されました。

軽いドラマ仕立てになってて面白いですよ。


まだ電子申請を利用したことがない方は、
電子申請というものが漠然としている
かもしれません。

そういう方に、この動画をおススメいたします!!




[出典]日本年金機構 デモンストレーション動画


今日は1冊の本をご紹介します。

こちらです!!


静岡発 人を大切にするいい会社見つけました
株式会社リッチフィールド・ビジネスソリューション
静岡新聞社
2017-08-11




『日本でいちばん大切にしたい会社』という本は、
皆さんご存知ではないでしょうか。





法政大学の坂本光司教授が執筆されたベストセラーに
なった本です。現在までシリーズで6冊出されています。

『日本でいちばん・・・』が全国各地にある企業が紹介された
ものですが、今回ご紹介する本は、この静岡版といったら
わかりやすいかもしれません。
坂本教授も監修されているそうです。


静岡県内にある中小企業のなかで、
特筆すべき人材を大切にしている企業が
5社紹介されています。


地元静岡にも素敵な会社がたくさんあることに、
静岡出身の私としては、誇らしくもあり、
嬉しくなりました。


是非、読んでみてください。

静岡発 人を大切にするいい会社見つけました
株式会社リッチフィールド・ビジネスソリューション
静岡新聞社
2017-08-11






蒸し暑い日々が続いてますね。
暑さが年々増している気がするのは、私だけでしょうか。

昨年のデータになりますが、熱中症になりやすい7月~8月中に、
熱中症により入院された方は、なんと776人!!
ということです(厚生労働省 平成29年度熱中症入院患者等
即時発生情報内の(参考)より
)。

このデータは、小さなお子さんや、年配の方も含まれ、
仕事中の人達に限ってないとはいえ、人数の多さには
驚きました。


水分補給をしておかないと、たとえ室内であっても熱中症を
引き起こす危険性があります。熱中症は外だけで起こるもの
ではありません。

これは既に知られている知識だと思いますが、仕事のように、
何かに集中していると、ついつい水分補給することを忘れて
しまいがちです。

この時期はこまめの水分補給!これを意識していきましょう!!

それから、状況把握!!です。

特に外での仕事が多い建設業の方々や、外回りの営業さんは
必須ですよ。

状況把握というのは、自分が置かれている環境の“暑さ指数”
予め把握しておく・・・ということです。


安全大会等で熱中症予防対策のお話をさせていただく際は、
“暑さ指数”を利用しましょう!と口すっぱく言っています。


“暑さ指数”とは簡単に言うと、熱中症を予防するための指標です。
アメリカで提唱された考え方です。



詳しく知りたい方は、環境省のサイトに掲載されていますので、どうぞ!
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)とは?



上記の環境省のサイトでは、この“暑さ指数”も情報提供して
くれています。地域を選択するだけで、簡単に暑さ指数を知る
ことができます。
暑さ指数(WBGT)の実況と予測(環境省熱中症予防情報サイト)




とはいえ、作業現場や自分が実際にいる場所とは誤差が生じます。

だから、
“暑さ指数(WBGT)”を簡単に知りたい!
今いる場所の“暑さ指数”を把握したい!!
という声も多いのですね。



そこで私がおススメしているのが、こちら!!!





小型で軽く、鞄や腰にカラビナでぶら下げられるので、
携帯性抜群です。
それに、なんと言っても、熱中症の注意レベルを
液晶画面と音で知らせてくれるから、わかりやすい!!


ツールを活用し、今年の暑い夏を事故なく乗り越えて
いきましょう!!

自分の身を守れるのは最後は自分自身です。



今日はプレミアムフライデー!

先月よりも盛り上がりがない気がするのは、私だけでしょうか?

さてさて…、
平成29年4月1日以降の雇用保険料率が改定されることが、正式に決定しました。

今年の1月末に雇用保険法等の一部を改正する法律案が国会に提出されていたところですが、皆さんもご存知の通り、このところの国会はある話題一色で、国会審議の行方を心配していたところです。

まぁ、その…、私が心配したところで、どうにもならないのですが…。

とはいえ、例年だと、とっくに答申がなされ、正式決定がなされていたからです。


気づけば、今日は年度末。
どうなるか!?と思っていましたが、平成29年度の雇用保険料率が正式決定され何よりです。

この4月から引き下げられることになりました。

詳細は、厚生労働省のホームページで公開されています。下記にリンクを貼りましたので、ご確認ください。

平成29年4月分給与からの雇用保険料率が変わりますので、給与計算ご担当の方々はご注意くださいね!


【参考】




タイトルの通りですが、国土交通省の
ホームページで公開されています。

社会保険に係る法定福利費をどのように
見積書へ反映させたら良いのか?という
ご相談をよくいただきます。

国土交通省で公開された手引きをご覧
いただくと、様々な疑問が解消される
と思います。

詳細版と簡易版とあるようですので、
見積書作成に悩まれている方は確認
してみてください。




◆タイトルのようなご質問をいただくことが多いので記事にしてみました◆


2012年度から厚生労働省と国土交通省が協同して、
建設業の社会保険未加入事業所を一掃すべく、
その達成に向けて進められている最中です。


他の業界に先行したこの取り組みは、
賛否両論あるようですが、私は意義のあること
だと感じています。
以前、拙稿において、これをテーマに
書いたこともあります。その記事はこちら
)。


決められたルールの中で、これを守って経営する
会社の工事請負単価は、それなりの金額になります
よね。

一方、ルールを脱している会社では安く請け負うこと
が可能になる。だって、負担すべきものを負担していな
いのだから。安くできるのは当然です。

両者を比較した時、市場競争では工事請負単価が
安い方に傾くことは当たり前と言えます。
注文者からしてみれば、少しでも安くやって
もらえた方がいい訳ですから。

そうなると、きちんとルールを守って経営している
会社が競争に負けてしまい、脱した会社が生き延びる
という・・・何とも正直者がバカを見るようなことに
なってしまっているのです。

もっとも、ルールを脱した会社なんかに人が集まる
ハズもなく、施工技術・技能は担保されないから、
安かろう・悪かろうで、遅かれ早かれそういう会社は
淘汰されていくのでは?という反論があると思います。

確かに。市場の競争原理として一理あると私も思います。

ただ、それを待ってる時間的余裕がない。

相対的に若年労働力が少ないことは周知の通りで、
そもそも若い世代の労働力が減少傾向にあります。
若い世代が建設業界に入ってこない訳です。

その原因は、労働保険や社会保険といった最低限の
国のセーフティーネットに会社が加入しておらず、
労働環境が不十分であることが一因とされています。
こんな感じだから、せっかく意欲を持って業界に
飛び込んでも、将来設計を立てづらく辞めてしまう。

加えて、建設業に携わる55歳以上の方々は約3割に
達すると言われており、徐々にこの方々がリタイア
されていく。

これは既にずっと前から言われ続けてきたことですが、
これまで業界内で蓄積された技能の伝承がうまくいかず
空洞化が起きてしまっている。


縦割り行政と言われているのに、
2012年度から二つの省庁が協同して取り組み始めたのは、
現実にこうしたことが目に見える形で起き始めている
ということの裏返しと言える訳です。


この取り組みも、今年で5年目。
建設業界が少しずつ良くなっていくことを祈っています。


↑このページのトップヘ