社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

カテゴリ: 社労士受験

ブログネタ
社会保険労務士(社労士) に参加中!




ブログの投稿画面の問題なのか?単なるPCの調子が悪いのか?

どっちか原因がわからないのですが、ブログの更新ができませんでした。

???状態なのですが、

気を取り直して、再度投稿画面を開いてみると、今日は書けます。

特にどこをどう変えた訳ではないのですが、何が悪かったんだろう・・・?(汗)


ということで、

更新できずにいた内容をこれからアップしていきたいと思います。


まずはこちら!

社労士試験勉強法 Lesson3

今回から5回目までは、3回にわけて過去問の効果的な学習方法

をテーマにお伝えしていく予定です(※)。

※内容は若干変更が生じることがありますのでご了承ください。


バックナンバー Lesson1の記事はこちら



人事マネジメント3月号【データ】

掲載誌 月刊人事マネジメント

掲載号 2011年3月号(2011年3月5日発刊)

内  容 社労士試験勉強法 Lesson3

出版社 株式会社ビジネスパブリッシング




本誌をご講読されていらっしゃる社労士受験生の方は、ぜひご覧ください!!





今年の1月に、

社労士の受験勉強時間確保にテンミニッツ!

という記事を本ブログで書いたのですが、

本家本元の10min.のオフィシャルブログで

その記事を取り上げていただいておりました。

それも、私がこの記事を書いて直後に・・・。



気付くのが遅くて、どうもすんません・・・

10min.オフィシャルブログで取り上げていただいた記事はこちらをご覧ください。


この場をお借りして、お礼申し上げますm(__)m



10min.オフィシャルブログでは、

10minや、10min.手帳の活用方法や、これらを使用している方々の利用方法など、色々な切り口で紹介されている情報満載のページです。

まだご覧になっていない方は、是非ご覧ください。


10min.オフィシャルブログ


あなたに合った有効な時間利用方法が見つかるかもしれませんよ!



ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!



jmanage
社労士の本試験まで200日をきりましたね。ついこの前、年明けだと思っていたのに、月日が経つのは早いものです。

さて、現在ビジネスパブリッシングさんの人事マネジメント誌において、連載担当させていただいている「社労士試験勉強法


【連載1】社労士試験勉強法 Lesson1

【連載2】社労士試験勉強法 Lesson2


ですが、初回となるLesson1の内容を公開しました。

社労士を目指されている方々の参考になれば幸いです。

ぜひご覧ください。


PDFでアップしています。下記よりアクセスください。

pdfアイコン社労士試験勉強法 Lesson1 試験制度の概要と最近の傾向について



ブログネタ
社会保険労務士(社労士) に参加中!



今日(正しくは昨日)は、事務所の大掃除でした。
今年は気合いを入れて床までやったのでグッタリです
まだ火曜だというのに、飛ばし過ぎました(笑)
明日の寝起きが恐い。。。


さて、少しアップが遅くなってしまいましたが、
今月も「社労士試験勉強法」の連載2回目が発売されました


第1回目(Lesson1)の記事はこちらをご覧ください。



Lesson2は

学習に入る前に考えておきたいこと・押さえておきたいこと!

です。


ぜひご覧ください!!



人事マネジメント2月号【データ】

掲載誌 月刊人事マネジメント

掲載号 2011年2月号(2011年2月5日発刊)

内  容 社労士試験勉強法 Lesson2

出版社 株式会社ビジネスパブリッシング



ブログネタ
資格試験に挑戦! に参加中!
以前、ブログで「時間を見積もる」という記事をエントリーしました。
その際は仕事との関係、すなわち「企業の対策」として・・・
「現代の仕事をしていくうえで欠かすことのできない能力!」
「限られた時間の中で最高の成果を発揮していかなければならない!」
ということを書きました。

‐‐‐そのときの記事はこちらをご覧ください‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

時間を見積もる
今日のお仕事整理帳「10min.(テンミニッツ)」

‐‐‐(参考)テンミニッツのサイトはこちら‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

http://www.10-min.net/index.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


今回は、そこから少し視点を変え「社労士試験勉強」と、「時間管理」についてお話したいと思います。

実は、以前ご紹介した10min.(テンミニッツ)から手帳が販売されているのですが、これを利用します。


テンミニッツ手帳
テンミニッツ手帳
クチコミを見る


この手帳、なかなかの優れものなんです。それは、付箋の幅と、手帳内に貼る行間(12mmが1時間・6mmが30分間)が一致しているところ。

Todoリスト(やるべきこと)ができたら、とりあえず付箋に書き手帳に貼る!その際に、終えるためにどのくらいの時間を要するか?を考え、自分で見積もった時間に合わせて、30分・1時間・2時間の中から書く付箋を選びます。それを1日のうち、どの時間帯にやるか決めた時間軸に貼れば完了!!あとは実行するだけです。

本当にシンプルなのに、たったこれだけの作業で1日の行動する時間軸の中におさまりきるのかどうかが最終的にわかってしまうんですね!

つまり、時間管理がわずか数分でできてしまう!


そこで、これを社労士試験の勉強時間確保に活用してしまおう!という話です。


社労士資格を目指される方に限らず、資格試験全般に言えることかもしれませんが、1日の中で試験勉強に充てられる時間が非常に限られていますよね。

仕事や家事・子育て・家族との時間・・・

これらをやりくりしながら、何とか試験勉強時間を確保している人たちが少なくありません。自分の自由になる許された時間というものが限りなくある人なら構わないのですが、そうでない人の方がほとんどです。


仕事にプライベートにプラスして勉強時間の確保。

ただ漫然と過ごしてしまうと、アッという間に時間だけが過ぎてしまう。時間が足りない・・・。そこで受験生であれば出てくるであろう悩みに、「勉強時間確保が難しい」ということ。

1日はどんなに頑張っても24時間。

空白の時間を生み出して、勉強時間を確保するためには、普段の生活リズムを変えない限り難しいと言えるでしょう。よほど意識していかなければならないのです。

そこで、私がオススメするのが

10min.(テンミニッツ)手帳です。




仕事中の時間、プライベートでの時間、双方の時間でやるべきことは付箋にすべて書き出してしまいます。そして、それを該当する日付の手帳に貼っていきます。穴が空いている時間帯が自分の自由時間です。


《手帳を使う1つ目のメリット》

その自由時間(スキマ時間)を資格試験勉強にあてることができますね。

「見える化」ができちゃうんです!!


《手帳を使う2つ目のメリット》

人間は不思議なもので、

「やるべきことを付箋に書いて手帳に貼る」

だけのことなのに、これだけで自分で自分に対し動機付けが図れます。テンミニッツ手帳を使わずに過ごした日と、使った日では、まったく異なる結果になると思います。おもしろいですよね!


仕事や子育てをされている方は、1日の中で勉強することが許される自由な時間は多い人でも2~3時間といったところでしょう。

この2~3時間を作り出すためにどう過ごしたらよいか?

それを探るために、10min.(テンミニッツ)手帳を利用されてみてはいかがですか?

これは、特に勉強時間の確保に悩まれている方に対してオススメの方法です。



テンミニッツ手帳テンミニッツ手帳
カンミ堂
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



最後に、

この生み出すことができた“まとまった時間”を有効利用するために大切なのは「学習の質」です。1回あたりの学習時間が長いからOK短いからダメということではありません!!

そこで、次の点にも注意するようにしておきましょう。

生み出した時間中に・・・

<1>どの科目の、

<2>どのテーマを

<3>どのようにして

<4>最終的にその日のゴールをどこにするか?

これを決めて1時間なら1時間の学習をすることです。


例えば、

<1>労働基準法・労災保険法・雇用保険法の

<2>平均賃金・給付基礎日額・賃金日額、基本手当日額の部分を

<3>横断して、どのように違うか

<4>表にまとめる

といった具合です。

表にまとめておけば、移動中も繰り返し見ることができますよね?

もちろん最後の<4>は、「この分野の過去問題をすべて解き終える」というのでもアリですよ。



時間管理ツールの有効活用、ぜひ試してみてください!!

ブログネタ
資格取得にチャレンジする! に参加中!

201101社労士試験勉強法タイトル

昨年、7~12月号まで「今さら聞けない!労務のルーチンQ&A」というテーマで人事マネジメント((株)ビジネスパブリッシング)さんで連載担当させていただきました。


<その際の記事は以下をご覧ください>

2010年7月号  第1回・・・意外と簡単!?労働保険と社会保険
2010年8月号  第2回・・・ケガ&入院
2010年9月号  第3回・・・出産&育児
2010年10月号 第4回・・・給与明細
2010年11月号 第5回・・・年次有給休暇
2010年12月号 第6回・・・退職「諸制度のポイントをチェック」
第1回目のバックナンバーを公開



そして、今月から新しい連載で「社労士試験の勉強法」を担当させていただくことになりました。

新年明けて第一発目となる第1回目は、

「試験制度の概要と最近の傾向について」

です。

講読をされていらっしゃる方は、ぜひご覧いただけたら幸いです。

また、社労士試験の学習方法については、当ブログでもお知らせしていきたいと思っています。

本連載で「効率的かつ効果的」をキーワードに、社労士試験の学習方法を余すところなくお伝えできたらと思っていますので、引き続き新たな連載にお付き合いください



jmanage【データ】

掲載誌 月刊人事マネジメント

掲載号 2011年1月号(2011年1月5日発刊)

内  容 社労士試験勉強法 Lesson1

出版社 株式会社ビジネスパブリッシング

今年の社労士試験の合格発表は11月5日だったのですが、昨日、少し遅い「うれしい便り」が舞い込みました。


その「うれしい便り」とは、

「社労士試験に合格した!!」

って報告です☆

これでクレアール静岡校通学生の合格者は7名になりました。
合格ゼミ参加生は平均10名だった訳ですが、その中から5名の合格者が出ました。

きっと早めのクリスマスプレゼントですね


ということで、

今回連絡をくださったMさんのことを少し書きたいと思います。


Mさんは、遠方から通われているにも関わらず、すべて合格ナビに出席。

まず、その姿勢に頭が下がりました。

毎回、受講生の方々にお話するのですが、

合格する人って「目」が違う。

「目の色」が本当に違います。

Mさんも、受講中は終始パワーに満ち溢れていました。

物静かな方だけに、外から見た印象と、内から溢れ出ている「気」とでもいいましょうか?感じるオーラが内外対照的だったことを強烈に記憶しています。

ナビが終われば、自分のわからないところをピックアップ(あるいは印)

した紙を持って質問に来られて、知識整理して

“何か”を必ず持ち帰っている方でした。


また、

学習する上でのポイントだったり、方法論は、

講師やこれまでの合格者、合格ナビの中での話など、

色々なところから聞けますし、その方法論もたくさんある訳ですが、

まずはそれらを迷わず実践してみて、

自分に合うものなのかどうか?

これを素直に実行されていたのも印象的でした。

こうした積み重ねが「合格」を掴み取ったんですね。


長期受験に陥っている方(択一で45点に届かない人)で、

よく見受けられるのは、自分に合っていない可能性が

強いであろう学習方法をこれだ!と信じ貫いているケースが

多いということです。

スキルやテクニックばかりで情報過多になるのもいけませんが、

他の人たちがやってきた学習法を試す前から食わず嫌いになっている場合が結構あるんですね。


Mさんのように、まずは試してみる

自分の学習スタイルに合わなければ捨てれば良いだけの話です。

さすがに直前期には、こんなことできませんが、

今は色々と試して、合う・合わないを実践する時です。

実は、これを繰り返すうちに、この中に自分に合う学習方法の「ヒント」が隠されたりしているものなのです。

そして、ゴールデンウィーク明けぐらいまでに、最初の(第1段階目の)自分に合った学習スタイルが確立できていれば良いと私は思っています。


あなたは、食わず嫌いになっていませんか?


↑このページのトップヘ