社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

カテゴリ: 社労士受験

今年も朝は静岡大学へ応援に行ってきました。

100822_1007_01



さすがにこの暑さ…。

立っているだけで汗が出てきました。

会場は少し山にあるため、階段をのぼるのに一苦労。既に会場にたどり着くまでにヘロヘロになってる方もいらっしゃいましたが、今日は晴れて良かった!

皆さん緊張していると言いつつも、笑顔で会場入りする姿を見ることができて一安心です。中にはずっとニヤニヤしている方もいらっしゃいましたが、極度の緊張のせい?(笑)

体調を崩している人もいなかったし、良かった!

いずれにせよ今日の本試験という日を、大いに楽しんできて欲しいと思います。みんな頑張れ~!!

明日は社労士の本試験日。

いよいよですね。

忙しい時間を調整して、
社労士ナビに参加してくださった方々、ありがとうございました。


早く当日を迎えて問題を解いて楽になりたい!と思う人もいれば、まだ来て欲しくないなぁと思っている方もいると思います。

社労士試験に限らないことかもしれませんが、特にこの試験は、どこまで押さえても終わりがない感じがして不安だし、模試や答練でどんなに良い結果を出している人でも、ひとつの結果が出るまでは落ち着かないものですよね。


今夜は早めにお布団に入ってください。
緊張して眠れない人もいるかもしれませんが、目を閉じて横になっているだけでも脳は休まります。

そして明日は、

ぜひ本試験を楽しんでください!

明日を迎えるために、人生の貴重な時間を費やし努力をされてきたと思います。
仕事や家事が忙しく満足のいく勉強時間の確保ができなくてイライラしたり、焦りを感じることがあったも、明日に照準を合わせて頑張って取り組んできたからこそ。

緊張はするかもしれないけど、その緊張すらをも楽しんでしまうぐらいの気持ちで明日は取り組んで欲しいと思います。受験生を悩ます問題は必ず出題されます。でも、それは織り込み済みの話。難問・奇問が出題されても絶対に焦らないで下さいね。焦って動揺したら負けです。

そうならないためにも、特に本試験とは思わず、明日は自分の力を試す場として、試験を楽しんでください。


明日は私も静岡大学に応援に行きます

見つけたら声かけてくださいね~!!


皆さまのご健闘をお祈りいたします。

6/5(土)は3時間で7点アップの日でした。
今年も北村先生は約3時間30分ハッスルまた、配布された資料も昨年よりもバージョンアップ!されていて進化しています。まだこれから3時間で7点アップを受講される方はお楽しみに。

受講された方々のアンケートを拝見しましたが、いくつも持ち帰る収穫がたくさんあったようです。まだまだ本試験まで時間がありますので、ここで言われたことをキチンと実践していけば、7点以上アップすること間違いなしです。もちろん、合格の切符も手に入れること間違いなしです。その内容を知りたい方は、ぜひとも7点アップに参加して情報入手をしてくださいね。


3時間で7点アップ2010の日程


その後の懇親会では、昨年合格された方々も合流。
受講生の方々と一緒にとても盛り上がりました!北村先生とダブルMr.K氏のやり取りは大笑いしました。途中、腹筋がつりそうになって焦りましたが…(笑)


今回は翌日が横浜校で3時間7点アップのため、1次会のみで北村先生は帰られてしまったのが残念でしたが、その後も続いた懇親会…。懇親会なのか何なのか最後はよくわかりませんでしたが、久々に朝型近くまで飲みました。皆さんパワーのある方ばかりで…私はアップじゃなくてあっぷあっぷ。。。無理は禁物だと反省しました。完全に日曜はグロッキーです


本試験までこの調子でぶっ飛ばして皆さんが合格を勝ち取られることを祈っています。


社労士ナビも引き続き頑張っていきましょう!!

資格予備校クレアールが行っている毎年恒例の社会保険労務士受験生を対象としたイベント「3時間で7点アップセミナー2010」が始まりました。

ということは、

年金博士こと北村庄吾先生の全国行脚が開始されたということですね(笑)


さて、このイベント、

静岡では6月5日(土)に開催されます。今週です。

地方校は普段DVD学習が中心で、講師に直接会える機会というのはなかなかありませんが、このイベントは北村先生の生講義を受講することができます。そして、7点以上の価値があること間違いなしです。

本試験まであと80日。今がちょうどモチベーションが下がったり、中だるみが起こりやすい時期です。気分一新させるためにも3時間7点アップセミナーへの参加はおススメです。


このセミナーへの参加は、今年の社労士試験を受講する方であれば、どなたでも参加可能です。ただし、事前予約が必要です。

先日、私が確認をしたときは、残席あとわずかでした。まだ「締切」と表示されてないので、空きがあるのだと思います。

参加される方はお早めにお申し込みください。

詳細は3時間で7点アップセミナーをご覧ください。


当日は、私も事務局で参加しています。
会場で皆さま方にお会いできるのを楽しみにしております。

昨日は午前・午後と1日予備校で行われた社労士ナビdayでした。
長丁場にも関わらず、皆さん集中力が途切れることなく熱心に受講していただいたことに感謝しています。私が話をした内容を、紙にびっしり余白がないくらいまで メモしている方がいて、驚いて思わず声をかけたのですが、その方曰く「初受験だし、すぐに忘れてしまうのでこのくらいのことして1つ1つを確認して潰しながら付いていかないと・・・」 とおっしゃっていました。その気迫に感動しました。ぜひ一発合格されることを祈っています。


社労士試験に限らず、試験をパスするためには色々な要素が絡み合って合格という結果が出るものですが、その中で特に大切なのが「とにかく合格したい!」と強く心に誓う気持ちだと思います。学習方法やそれぞれの試験の対策方法など、技術的なことももちろん大切なのですが、「絶対に合格する」と思う心がなければ、技術的な物事は知っていたとしても生きてはきません。すべては、気持ちがあってこそ。前述の受講生の方も、この強い気持ちがあってこそ、絶対に聞き漏らさないゾ!という行動へ繋がっているのだと、改めて思わされました。

いつも思うことですが、何かに一所懸命になっている人の姿は本当に素敵ですね。

本試験まで残すところ90日となり受験生の方は焦りがあるようです。気持ちはよくわかるのですが、まだまだ焦る必要はないと思います。焦ってとるもの手につかず状態の方がよっぽどマズイ。まずは、自分が何を押さえなければいけないのか?押さえられていない弱点項目を、1歩1歩で良いので確実に本試験会場に持っていける知識の整理をすることが大切です。

この積み重ねが、直前期1か月(8月)に大きく影響してきます。まだまだ「遅い」なんてことはありません。


頑張っていきましょう!!続きを読む

社労士試験の中には、午前の「選択式」試験があります。

受験生の中には、択一の得点は合格基準点を超えていても、選択式で基準点未達のためにリベンジしている方も少なくありません。

言い換えれば、それぐらい社労士試験は「選択」の出来によって左右される試験でもあります。
私自身も午前の「選択式」試験に泣かされた身なのでリベンジ受験生の方々の苦しみは痛いほどに解ります。

しかしながら、これをクリアしない以上、合格は見えてこないことは事実です。そこで必ず出てくる質問が…、

択一とは別に選択式の試験対策をすべきか否か?

ということです。


私の個人的な考え方としては必要ないと思っています。それは、択一対策の際に少し意識をすることで、選択対策にも繋がるからです。

例えば、択一ならば問題は解けるけど、穴埋めとなると言葉が出てこない…というのは実力不足ということです。

仮に難問奇問が選択試験で出題されたとしても、それは合否に直接的に影響は今までしていません。つまり、受験生全体の出来が悪い問題(=難問奇問)は、救済措置が取られるからです。

「救済(基準点引き下げ)措置」は政策的な部分もありますが、「救済」が入らないという問題は、基本事項を押さえていれば、そこから推測して穴埋めができる問題であることを意味していることが少なくないからです。

やはり、基本的な事柄をいかに押さえるか?ということが試験対策になるのです。

「平均賃金」「賃金日額」「給付基礎日額」「標準報酬月額(日額)」それぞれの「端数処理方法」等々…定義を口で言うことができますか?

本試験日までで良いので、こうした定義を空で言えるようにしておきましょう。そうすると不思議なことが起こります。

択一についても、迷わずに正誤判断ができてくるようになるのです。基本にいかに忠実であるか?です。

覚えるのに有効な対策は、一気に押さえるのではなく、気長に一つずつ覚えていくということ。それも、何か自分に課題を課してやるのがイイと思います。


続きを読む

ブログネタ
目指せ社労士! に参加中!
3月27日(土)は、東京の合格ナビ美人チューター社労士「さくら先生&ひまわり先生」のお誘いを受け、関東圏の社労士受験生の方々の懇親会に参加して参りました。 クレアールの水道橋校、高田馬場校、立川校、横浜校で勉強されている方々の総勢43名!!

まさに AKB43(あ!これで、バッチリ合格の43人

(確かにあと5人いたら48だったのに…笑)


そして数ヶ月ぶりに斎藤正美先生にもお会いすることができて、話に華が咲きました。2次会では語りましたぁ。(斎藤先生のダンディーな写真は、「集まれ!社労士受験生!さくらとひまわりのお花見日和」をご覧ください。


皆さん気合い十分で元気のある方々ばかりでした。懇親会前に安全衛生法の集中講義を受けた方や、ライヴ講義を受けてきた方、自習をしてから参加された方などなど、遊ぶ(飲む)前にやることはキチンとやってから!という姿勢が素晴らしいと思います。

確かに、受験生なんだから当たり前・・・

なのですが、なかなかメリハリある学習を常に実行していくことは本当に大変なことなんです。

何としても今年合格したい!

という誰にも負けない強い心と、

そのためにいま何をすべきか?という自分自身の計画

この両方がないと、メリハリをつけて行動できなかったり、他のところで流されてしまい継続できなかったりしてしまいます。まさにこの二つは両輪で、どちらか一方が欠けしまうと、前に進まない=メリハリある学習ができないということに繋がってしまいます。だらだらと、ただ何となくやっていても結果は出るものではありません。


立てた計画を実行して、実行ができたら、それに代わる「息抜きの場」を自分に与えてあげる。

これを皆さんよく意識して取り組まれている印象を受けました。また、このような姿勢に本当に頭が下がりました。この気合い&気迫を、余すことなく持ち帰りましたので、静岡校の合格ナビで使いたいと思います☆

時間の制限もあって、全員とお話することができなくて残念でしたが、話しかけてきて下さった方々もいて1次回と2次回を合わせ、数十名の方々とお話することができて、とても充実した時間でした。ありがとうございました。

改めて私自身が受験生だった頃を思い出すことができた良い機会であったと共に、それぞれ受験生の方々の置かれている環境により異なる悩みをお聞きすることで、私自身の今後のチューターとしての活動に生かしていくことができるものが多く、収穫あるひと時でした。一緒にお話をさせていただいた方々の中で、今回お話した内容が今後の学習を進めていく上で少しでも参考になることがあったら幸いに思います。

最後に、このような機会を作っていただいた、さくら先生&ひまわり先生に感謝を申しあげると共に、参加された方々の合格をお祈り申し上げます。

そして、静岡校も東京勢と切磋琢磨しながら、たくさんの方々に合格していただけるよう、私も精進していきたいと思います。

ありがとうございましたm(__)m



追伸

私ももらってしまいました!
伝説のさくら&ひまわりの合格チョコ

IMG0404025648


Satoチョコも作ろうかな・・・(笑)

↑このページのトップヘ