今日から10月に突入ですね。

早いもので、2014年も残すところ3ヶ月・・・。
何か毎年同じようなコトを言っている気がします(汗)

新聞やニュースで報道されていましたが、10月から色々と値上がります。
これが原因で景気が落ち込まないか心配ですね。


私が関係する仕事で値上がる内容は次の2つです。

(1)厚生年金保険料率の改定(1,000分の171.2→1,000分の174.74へ) 

 →詳細は「平成26年9月分より厚生年金保険料率が変更されます」


(2)地域別最低賃金の変更

 →詳細は「地域別最低賃金が引き上げになります


厚生年金保険料率の改定ですが、法改正によって平成29年度まで毎年0.354%ずつ上昇する
ことが決まっています。毎月の社会保険料負担は、約15%にまで到達しており厳しいものに
なっていますね。

地域別最低賃金も今月から順次発効されます。
既に今日から新しい最低時間額が発効している都道府県もありますので、ご注意ください。



中小企業にとっては、このところの最低時間賃金の引き上げもそうですが、これに限らず
あらゆる負担が増すばかりで経営者の方々にとっては本当に頭の痛い話だと思います。
まだまだ景気が良くなっている実感が掴めない会社がほとんどだと思いますので・・・。

確かに最低賃金の引き上げは、労働者側にとっては労働条件向上に繋がる側面を持つ良い話ではありますが・・・。


“作れば売れる” 当の昔にそんな時代ではなく、必ずしも労働時間と売上の伸びは比例関係にはありません。

でも、 各労働法からは、時間を基準に厳しい要請が続いています。
企業としては、この要請にどのように対応していくのか?

よく見据えてから行動しないと本当に大変なことになります。
ひとたび「ブラック企業」なんてイメージが付いてしまったら、取引もさることながら、
採用にも多大なる影響をもたらし事業継続がままならなくなる時代です。

だから慎重に対応しなければなりません。 


あ!そこで、ちょうど・・・と言ってはなんですが・・・ここで宣伝(笑)


改正労働安全衛生法の「ストレスチェック」ですが、平成27年12月1日に施行される予定になりましたね。

そんな改正安衛法に基づく「ストレスチェック義務化」に伴い、法改正内容のポイントや企業の対策について
セミナーでお話させていただく機会を得ました。

→「企業として取り組むメンタルヘルス対策


当日、皆さまにお会いできることを楽しみにしています。