社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

2010年09月

昨年から騒がれた建設国保の無資格者問題。
国への返還金は80億円。それもまだ確定ではない。気が遠くなるような額ですね。。。事態収束までに、まだまだ時間はかかりそうです。


‐‐‐以下「産経新聞」より引用‐‐‐
記事本文はこちら。

大工などの建設関連業者が入る「全国建設工事業国民健康保険組合」(建設国保)の無資格加入問題で、厚生労働省は9日午後、組合員の資格の適正化と再発防止などを求める是正改善命令を出した。

平成16年度から6年間に無資格の組合員や家族約2万8千人が使った医療費に対する補助金約80億円の返還も求める。

建設国保には原則として、建設業に従事する従業員5人未満の個人事業所しか入れない。無資格者は業種を偽ったり、法人を架空の個人事業所に分割するなどして不正に加入していた。

‐‐‐以上、引用記事はここまで‐‐‐



高齢化の加速と医療費の負担増で、健康保険も厚生年金も保険料率は年々増加の一途を辿っていることは周知の事実です。

厚生年金については今月から料率が改定されたことは前回こちらのブログに書きました(そのときの記事はこちらをご覧ください)。

今回、この時期に健康保険や介護保険料率の変更はありませんが、協会管掌健康保険の場合、料率の引き上げが予定されています。

月々の給与や、ボーナスから源泉控除される本人も辛いと思いますが、保険料の半分を負担する義務を負う会社はそれ以上に悲惨な状況です。法人解散を考える会社があるほどですから・・・。


これが今を取り巻く実情です。
だから偽装してまでも加入してズルする人が出てきた。一方、財政難に陥っている職域国保組合もあるぐらいなので、偽装であっても、母数が増えれば、運営も楽になるため、組合側にとってもメリットがあります。


偽装してまで加入するに至る経緯は、

協会管掌健康保険は給与に応じて保険料が段階的に増えていく仕組みに・・・

市区町村国保の場合は、所得(資産)に応じて保険料が段階的に増えていく仕組みに(最高額は年間約60万円)・・・

なっています。

これに対し、職域国保は定額保険料というのがほとんどです。
月額保険料は大体15,000円~20,000円の範囲で、給与の多少に関わらず一律なんですね。でも、保険給付は市区町村国保より手厚い場合がほとんど。


法律とか関係なく普通に考えたらどちらに入るべきか?

答えは明確ですよね。

法人事業所だけど、負担の重い健康保険には加入したくない、

業種は建設業じゃないけど、健康保険や市町村国保は負担がキツイから入りたくない、

こんなことを考えている人たちが建設国保を隠れ蓑にしてきたということなのでしょう。

これに加えて、特に建設業は、昨今の経済情勢と現政権の政策的な考え方の二重苦から、厳しい立場にあります。だから、行っている業種は建設業だけど、本来は加入できない法人事業所も偽り、社会保険料負担を逃れるため、建設国保を隠れ蓑にしたというところもあると思います。

でも、これが許されるなら、世の中の中小企業経営者はみんなそうしたい!と考えるハズですね。


以前、風の噂レベルで聞いたことはありましたが、本当にこのような加入資格のない方々の加入を大量(約7,200事業所の組合員と家族約2万8千人)に受け入れていたとは本当に驚きです。


国は、建設国保側に対して80億円(現在は未確定)の返還、偽装した加入者に対しても最大2年間遡り負担を免れた保険料を徴収する方針のようですが、わが国の医療保険制度が「公平負担」を謳っている以上、当然のことだと思います。たとえ苦しくても違法行為を働かず、真面目に生きている人達がバカを見てしまうような事態は絶対にあってはなりません。医療保険制度そのものが崩壊してしまうことに繋がります。

国保組合の運営には多くの税金(補助金)が使われている一方で、市区町村国保と比較したときには「給付内容が厚く、保険料負担は低い」ということを考えると、今回の事件を機に、公平な負担とは何なのか?

給付内容についても、その差があり過ぎるのであって、市区町村国保・職域国保間の統一的なラインを設けるなど再考をすべき時期にきているのではないかと思います。



話は変わりますが・・・

こうした報道が出てしまうと、キチンとした事務処理体制をとっている他の建設国保さんはいい迷惑ですよね・・・(汗)


先週末はEXILEのコンサートがあったようで、それを観に行った職員からお土産をもらっちゃいました(^^vヤッタ


100906_1906~01


夏のお菓子「えぐざいるパイ」

ん?

どっかで聞いたような・・・。

うなぎパイ?(笑)

とても美味しゅうございました。

歌&パフォーマンス最高だったようです♪

私も行きたかった・・・




さて、今月も月刊人事マネジメントが発刊(連載の第3回目です)されました。連載を担当させていただいております「今さら人には恥ずかしくて聞けない労務の超基本」をQ&A形式で解説してます。


jinji_management1009



今回は「出産・育児」関係について書いています。

育児介護休業法が改正されましたし、雇用保険では「パパ・ママ育休プラス制度」の関連で育児休業給付が変更されてます。出産・育児関係には、国も力を入れているので、まだまだこれからも変わっていくのでしょうね。

なかなか利用しにくい助成金制度もあるのが現状なので、この辺りも改善されないかなぁ・・・。


少し話が逸れてしまいましたが、

総務に携わる新人パーソンには、参考書として・・・

ベテランパーソンの方には、超基本事項の再確認として・・・、

ご利用いただけたら幸いです。




 【データ】

  掲載誌 月刊人事マネジメント

  掲載号 2010年9月号(2010年9月5日発刊)

  内 容 今さら人に聞けない!労務のルーチンQ&A(第3回)

  出版社 株式会社ビジネスパブリッシング

気付けば9月。でも、まだ暑い日は続きますね。


さて、9月に入って厚生年金保険料率が変更になりました。
これは、法改正によって平成17年以降、毎年0.354%ずつ段階的に引きあげが実施されていることによるものです。

段階的な引き上げは、平成29年度まで続き、それ以降は固定された料率となることが現時点では決まっていますが、、、どうでしょう?固定された料率でそのままいくのかどうか、どうも怪しいですよね。

具体的な厚生年金の料率ですが、


 (合計)157.04/1,000 (折半)78.52/1,000


だったのが、


 (合計)160.58/1,000 (折半)80.29/1,000


に改定されました。


実際に新しい保険料率で控除を開始するのは、10月に支払うお給料から(10月の保険料納付分)になります。今月(9月に支払う給与)は、8月分の社会保険料を控除するため、まだ変わりませんのでご注意ください。


以前こちらで書きましたが、社会保険に係る会社負担は、中小企業にとって経営を圧迫してしまうほど。本当バカになりません。



一方、国民年金保険料も段階的に引き上げられているのですが、

現在(平成22年度)は、月額15,100円です。

昔は月額13,300円だったのに・・・。高いですよね~(´−д−;`)



純粋に負担だけを考えれば、15,100円の負担は、

厚生年金の世界では12等級、185,000円から194,999円までのお給料をもらっている人達と同じ負担(会社の負担は考えない)に該当します。

厚生年金に加入していると将来の年金は、国民年金&厚生年金のダブルで受給できますが、国民年金は40年間納めて満額で80万弱。



もはや制度が歪だと感じます。



現行制度から年金一元化に向けて、どのような経過措置を設けて新制度へ移行するのか最大の問題・課題ではありますが、最終的に国民年金が16,900+αが月額保険料(平成29年度)となることや、高齢者の増加と現役世代の減少を考えると、年金制度は一元化方向への議論になっていくことに納得できます。


代表選を控えている民主党に国民が望む政策の一つに「年金・医療」が挙げられています。この議論は、持ち上がっては暗礁に乗り上げを繰り返していますが、現実的な政策を打ち出して欲しいものですね。

やはり、消費税で年金制度を運用していくのが今のところ一番現実的な線なのでしょうか・・・。ん~それもなぁ。。。


■参考

平成22年9月分から適用 厚生年金保険料率が変わります

平成22年9月分からの厚生年金保険料額表

先日、悩めるときは大いに悩んで!と書きました。でも、悩んでいる時期というのは、自分で納得いく一つの答えを出すまでがホント辛いですよね。

そんな時は「音楽を聴く」ことがおススメです♪

音楽を聴けば悩みが解決するのか!?

と言われてしまいそうですが、自分の悩みごとに対し、一定の答えを導くためのヒント(思い、気持ちの持ち方、踏み出す勇気だったり)をくれたり、少し元気になれたりするものです。


侮るなかれ!音楽!!


です。

そこで、

元気が出て、背中を押してくれる曲として私のおススメは、


いきものがかりの「心の花を咲かせよう」

My song Your songMy song Your song
アーティスト:いきものがかり
ERJ(SME)(M)(2008-12-24)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


(最近、実年齢よりかなり老けて見られることがあるので、まだ若いんだゾ!という意味も込めて「いきものがかり」を紹介しました。ココで更に昔の年代の曲を紹介したら、もっと疑われてしまいそうなので(笑))



A面でリリースされた曲ではないと思いますが、歌詞が本当にウンウンと思える内容です。残念ながら歌詞の掲載はできませんが、気分落ち込み気味の方は、ぜひ1度聴いてみてください。

初めて「いきものがかり」というグループを知った時、???状態でしたが、いい歌を歌っていて、私の好きなアーティストの一人(グループ?)です。あと、どこまでも伸びていくボーカルの声も好きなんですよね~。


悩める時こそ、心にお水(栄養)をあげることを忘れてはいけないと思います。



いきものがかりオフィシャルサイト

↑このページのトップヘ