社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
同様の名を語り他県で展開する団体と一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

2011年06月


 6月に入り、労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新時期に入りました。これは、毎年6月1日~7月10日までの間に、確定保険料と次年度の概算保険料をあわせて申告・納付するものです。

 しかしながら、3月の東日本大震災で被災された事業所に対して特例措置がとられています。

特例措置の中でも「労働保険料の免除」および「労働保険料納付の猶予」に関しては、申請が必要です!


~以下、厚労省サイトより抜粋(申請様式)~


《労働保険料の免除に関する申請様式》

 免除対象となる期間は、平成23年3月1日から平成24年2月29日まで

○一般事業主の方用
免除の申請関係
労働保険料・一般拠出金免除申請書 様式1
・様式1の別紙 別紙
(計算用)
労働保険料・一般拠出金免除申請書(有期事業用) 様式1-2
労働保険料等の免除に係る申立書 様式2
免除対象期間終了届関係
労働保険料免除対象期間終了届 様式5
・様式5の別紙 別紙
免除額の精算関係
労働保険料等免除額精算書 様式13
(計算用)
・様式13の別紙(特別加入保険料、単独有期事業、一括有期事業、一般拠出金関係) 別紙
(計算用)
○第2種特別加入者の団体用
免除の申請関係
第2種特別加入保険料免除申請書 様式7
第2種特別加入保険料の免除に係る申立書 様式8
免除対象期間終了届関係
第2種特別加入者免除対象期間終了届 様式11
免除額の精算関係
第2種特別加入保険料免除額精算書 様式15
(計算用)

※様式の下に(計算用)とあるものは、計算用のシート(Excel)です。申請書作成の際にご活用ください。(提出用には使用しないでください。)


《労働保険料納付猶予に関する申請様式》
労働保険料等納付猶予申請書 [災害猶予用] 様式第1号
被災明細書 様式第2号
労働保険料等納付猶予申請書 [一般猶予用] 様式第3号


申請様式をはじめ、特例措置等の詳細内容は、厚生労働省のホームページに掲載されていますので、該当する事業所の皆さまはご確認ください。



【参考】 労働保険年度更新コールセンター 0120‐995‐986(7月15日まで開設)




 最近、給与規程(賃金規程)の内容でよくお問い合わせをいただくのが、家族手当について。

 この支給基準は、各会社ごとに異なりますし、会社が自由に定められますので、色々な基準があっていいと思いますが、家族手当を支給する対象範囲を、所得税法上の扶養範囲にある者と定めている会社さんから、家族手当の支給に関するお問い合わせをいただきます


規程例としては次のようなもの。

《例》

第○条
1.家族手当は、扶養家族を有する社員に対して支給する。
2.前項における扶養家族とは、社員と生計を一にし、その者の収入によって生計を維持する配偶者および直系の子、孫、弟妹、父母ならびに祖父母であって、所得税法上の扶養になっている者をいう。



子ども手当創設に伴い、所得税法が改正され、平成23年分(平成23年1月1日)から、満16歳未満の扶養者に関しては、扶養控除の対象から外れましたよね!

これに絡んで、

・16歳未満の扶養者は、所得税法上の扶養にあたらないから、家族手当の支給額を変えないといけないのではないか?

・今般の法改正によって、現行の給与規程のままだと16歳未満は支給対象に含めないことになるから、16歳未満の家族を扶養している者に、これまで通り家族手当を支給するためには、規程改定の必要があるのではないか?

というご質問をいただきます。


結論から言うと、特に規程を変更しなくても、従来のまま取り扱っていただいて構いません。


なぜなら、今回の所得税法の改正によって、扶養親族という言葉はなくなっていないからです。

その代わり「控除対象扶養親族」という新たな定義が設けられました。

控除対象扶養親族とは、扶養親族というカテゴリの中で、満16歳未満の人たちを除いた扶養親族ということで定義づけがされています。

あくまで扶養控除の対象となる範囲から満16歳未満の人たちが除かれた(年末調整時の控除対象にならなくなった)・・・ということであって、所得税法上の扶養範囲としては、これまでと同様に、現在も所得が38万円以下の満16歳未満の人たちも含まれています。


したがって、給与規程において「所得税法上の扶養になっている者」となっていても、満16歳未満の者を扶養している人たちに、従来通り家族手当を支給しても、今回の所得税法の改正と矛盾は生じません。


この改正所得税法の施行は、今年の1月から始まっているのですが、なぜかこのところ、この点に関するご質問をたくさんいただいたので、掲載することにしました。


貴社の労務管理のご参考になれば幸いです。



 今年の1月から連載を担当させていただいた

 社労士試験勉強法

ですが、今月5日に発売される6月号が最終回のLesson6です!

 ラストは、「本試験直前期の過ごし方」について書いています。

 ◆直前期はこう過ごす!
 ◆息抜きに下見をする
 ◆当日の持ち物を確認!
 ◆昼休みの過ごし方
 ◆最後に

 《バックナンバー Lesson1の記事はこちら


 さてさて・・・

 特に今年の本試験は、電力事情によって、例年とは異なる時間帯で実施されます。また、選択と択一の午前・午後も入れ替わりますね。不安を感じている受験生の方々もいるとは思いますが、順番が入れ替わるだけ(開始時間も変わりますが)ですから・・・。あまり“変わる”ということを意識し過ぎて、本来の力が出せなくなってしまうというのはよくありませんので、深く考えるのはやめましょう!


 試験日 平成23年8月28日(日曜)

 午前 集合8時40分
     9時00分~12時30分(210分間)・・・択一

 午後 集合13時20分
     13時40分~15時00分(80分間)・・・選択


《社会保険労務士試験オフィシャルサイト》
試験当日の集合時間及び試験開始時間等の変更について(重要)


 不安を感じる方は・・・

 今月から各予備校で模擬試験が実施され始めます。

 おそらく、各予備校さんも、今年の入れ替えに合わせた形で模試を実施すると思います。模試でどんなものか体験して不安を払拭してしまいましょう。


 ある意味、チャンス・・・

 実力がキチンと結果に反映されるのが択一試験。

 残念だけど、実力+若干の運の要素も否定できないのが、選択試験です。

 その選択式試験を午後に回せるのだから、ある意味、チャンスです!なぜなら、午前中に択一で頭が回転しますし、キチンと今までやってきた努力の度合いに応じ、手応えを感じると思います。これが自信に繋がって、選択試験に臨めるからですね!

 ある意味、一番最初の緊張ガチガチ状態で選択を受けるというのは、普段なら解答を導き出せるものまで、導き出せない可能性だってあり得ます。

 これらのマイナス因子が、順番や時間帯が入れ替わることで、解消されるのですから、前向きにチャンスと捉えましょう!!



gif【データ】

掲載誌 月刊人事マネジメント

掲載号 2011年6月号(2011年6月5日発刊)

内  容 社労士試験勉強法 Lesson6(最終回)

出版社 株式会社ビジネスパブリッシング




本誌をご講読されていらっしゃる社労士受験生の方は、ぜひご覧ください!!

↑このページのトップヘ