あの東日本大震災から、今日で丸1年が経過しました。早いように感じてしまいますが、被災された方々にとっては、言葉に表現できない長く辛い1年だったと思います。

1年という歳月を経ても、解決できていない問題・課題は山積しています。被災地の方々が心穏やかに、落ち着いて暮らせる日々はまだやってきていません。

しかし、日々の生活やら何やらで、人間というものは、その渦中にいなければ徐々に記憶から忘れていってしまうものです。


「自分達に何ができるのか?」


一人ひとりの力は小さいものですが、一人ひとりがこれを忘れなければ、大きな力になって前進できます。

決して忘れぬために、改めて今日という日は、それを考え行動に移す機会にしたいと思います。


黙祷