ブログネタ
生活保護「不正受給」問題って、どう思う? に参加中!

芸能人の生活保護に端を発して、何やら世間を賑わしていますが・・・
何だか「やり過ぎ」な感じがするのは私だけでしょうか?
芸能人であるが故に、誰でも知っている人を吊るし上げ、国民に対する「見せしめ」としか思えないようなやり方ですね。

一方で、生活保護受給者は210万人に届きそうな勢いを見せてる訳で、戦後の受給者を超えてしまっています。生活保護の制度自体がもたなくなる可能性もあることから、「不正受給」や「不正受給まがい」とされる人たちをどのように網にかけて、本来、受給すべき人達にいきわたるようにするか?ということは、今回の騒動に限らず、ずっと課題になってきた事項だけに、この課題解決は急務と言えます。

でも、芸能人である前に「一人の人間」
そして、その家族は、私達と同じ一般人な訳でしょう?
個人のプライバシーや人権の侵害であって、とんでもないことしているなというのが私の感想です。
さらに年収公開まで要求している始末。


もっとも、個人の人権を守るために、不正受給を見逃してイイということではありません。
他に「やり方・やりよう」があったのではないか?ということです。

それに、今回の芸能人の騒動は福祉事務所にも相談をした上で、受給していたみたいだし、不正受給とまでは言えない。よってたかって、社会全体で公開処刑をしている感じがして違和感を感じるのですよね。。。


生活保護の問題は、非常に奥の深い問題で、右から左へ簡単に解決はできません。

今回の件を発端に、厚労大臣も「家裁調停の積極的活用」する旨の発言をしていますが、このあたりをあまりに厳格化し過ぎると、制度自体が硬直化する可能性があります。

これまで、家裁調停の利用を一切していなかったのは問題ですが、すべてにこれを適用していくように事態となれば、また別の問題が出てきて、本来受給すべき人に行き渡らない可能性がありうるということです。

それから、生活保護の受給可否の基準が自治体によってまちまちなのも問題があります。
同じ状態の申請であっても、人口が密集している都心部では認められ、地方では認められないというケースがあります。この辺りは統一していく必要があると思います。

そして、不正受給問題。一時的な救済制度として活用のハズが、生活保護をもらえなくなるという理由で自立に向かわない人がいることも事実な訳で、これでは本末転倒。このあたりのチェック体制も考える必要があるのではないでしょうか。


見直すなら、見直すにあたっての、もっと深い議論をしてもらいたいものです。