昨日あたりから急に冷え込んできましたね。寒さに弱い私は(暑さにも弱いですが・・・笑)、
堪えています。皆さまにおかれましても、どうぞご自愛ください。 

さて、本稿のタイトルにしましたが、産別の最低賃金がまもなく改定されます。
静岡県は、平成26年12月13日が効力発生日です。
ちなみに、今年の10月に改定されたのは「地域別最低賃金」です。

地域別と産別は、別物になりますので、ご留意ください。
産別に該当する企業の皆さまは、社員に支払われている給与が、
改定後の最低賃金時間額以上となっているかどうかを確認しておきましょう。

仮に下回ってしまっている場合ですが、その場合は当該最低賃金の金額まで
引き上げられたものとして取扱われます。したがって、実際に支払っている額と、
最低賃金時間額の差額部分は常に未払い状態が生じていることになります。
これは企業にとってリスク以外の何物でもありません。さらには、罰則も設けられて
いますので、十分に注意をしたいところです。


ちなみに、地域別最低賃金と産別最低賃金(特定最低賃金)の両方が適用される
労働者については、どちらが優先されるのか?と、ご質問いただくことがあります。
これは、両者を比較して、最低時間額の高い方が優先されます。

「労働者にとって有利となる方が適用される」と押さえておけば忘れないと思います。


それでは、この辺で!!


○参考 必ずチェック最低賃金