社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
同様の名を語り他県で展開する団体と一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

2015年01月


 平成27年4月以降の雇用保険に係る料率ですが、厚生労働省のホームページにおいて、平成26年度と同様の率で据え置きになることが発表されています。

事業の種類

事業主負担分

被保険者負担分

雇用保険料率合計

雇用二事業に
係る保険料率

失業等給付に
係る保険料率

一般の事業

3.5/1,000

5/1,000

5/1,000

13.5/1,000

農林水産業
清酒製造業

3.5/1,000

6/1,000

6/1,000

15.5/1,000

建設の事業

4.5/1,000

6/1,000

6/1,000

16.5/1,000


◎詳細はこちらをご覧ください(厚生労働省サイト)
  ↓
平成27年度雇用保険料率の告示案要綱を了承





 一方、労災保険の料率については、変更が予定(変更のない業種もあります)されていますので注意が必要です。今年の労働保険料納付の際(労働保険の年度更新)は、担当者の方は十分にご留意ください。


◎詳細はこちらをご覧ください(厚生労働省サイト)
  ↓
労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います






――――――――――――――――――――――――――――――――――
※当ブログに掲載するコンテンツの無断使用・複写・転載を禁じます。

 ◇人事・労務に係るご相談は・・・SRC・総合労務センター(社会保険労務士)
 ◇社員研修・セミナーのご依頼は・・・株式会社エンブレス
 ◇建設業に携わる自営業者の労災保険の加入は・・・一人親方共済会
 ◇運送業に携わる自営業者の労災保険の加入は・・・運送業一人親方共済会へ 


 今年(平成27年12月1日)から、常時50人以上の事業場を対象に
ストレスチェック制度」が創設され、企業に実施義務が課されることが決定しています。

 運用指針や細かな取り決めは、現段階で厚労省が検討中のため流動的ですが、
現時点における私なりの考えは、下記のコラムに掲載しておりますので、そちらをご覧ください。 

「ストレスチェック制度」実施に役立つ5つの対策―改正安衛法


 今回の改正に限らず言えることではありますが・・・、
何か魔法のように一瞬で課題が解決してしまうような方法は残念ながらありません。
 労務管理は、日々コツコツと地道に積み上げていくことでしか、様々なリスクからの
回避はできないと思っています。

 しかしながら、ストレスチェックの実施義務が会社に課されているとはいえ、
労働者側にストレスチェックの受診義務はありません。
そして、労働者から申し出がない限りは、会社側は面接指導を行う必要がない。
そもそも、会社は労働者個々人から同意がなければ、ストレスチェックの結果も
把握できないことになっています。


 じゃあ改正法が施行されても、別に何もしなくて良いのか?というと、それは少し違います。
ストレスチェックが実施できるよう体制整備はしておかねばなりません。

 そこで、どこから手をつければ良いか悩まれている会社さんは、
厚労省が開設している「こころの耳」を参考にされてはいかがでしょう。

 また、サイト内に「5分でできる職場のストレスチェック」も用意されています。

 何となくボワッとしていて、ストレスチェックと言っても、何から対策すれば良いのか
手探りの会社は、こちらをとっかかりにされてもいいかもしれません。


↑このページのトップヘ