平成27年4月以降の雇用保険に係る料率ですが、厚生労働省のホームページにおいて、平成26年度と同様の率で据え置きになることが発表されています。

事業の種類

事業主負担分

被保険者負担分

雇用保険料率合計

雇用二事業に
係る保険料率

失業等給付に
係る保険料率

一般の事業

3.5/1,000

5/1,000

5/1,000

13.5/1,000

農林水産業
清酒製造業

3.5/1,000

6/1,000

6/1,000

15.5/1,000

建設の事業

4.5/1,000

6/1,000

6/1,000

16.5/1,000


◎詳細はこちらをご覧ください(厚生労働省サイト)
  ↓
平成27年度雇用保険料率の告示案要綱を了承





 一方、労災保険の料率については、変更が予定(変更のない業種もあります)されていますので注意が必要です。今年の労働保険料納付の際(労働保険の年度更新)は、担当者の方は十分にご留意ください。


◎詳細はこちらをご覧ください(厚生労働省サイト)
  ↓
労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います






――――――――――――――――――――――――――――――――――
※当ブログに掲載するコンテンツの無断使用・複写・転載を禁じます。

 ◇人事・労務に係るご相談は・・・SRC・総合労務センター(社会保険労務士)
 ◇社員研修・セミナーのご依頼は・・・株式会社エンブレス
 ◇建設業に携わる自営業者の労災保険の加入は・・・一人親方共済会
 ◇運送業に携わる自営業者の労災保険の加入は・・・運送業一人親方共済会へ