各人のマイナンバーに係る「通知カード」は、住民票に登録されている住所地へ簡易書留の方法により、世帯ごとに、同じ封筒で世帯主宛てに送付されることが原則とされています。 

 ここで問題とされてきたのが、DV等被害に遭われている方々についてです。被害者の方々の個人番号が、加害者に渡ってしまうことが問題視されてきました。


この点につき、総務省のサイトにアップされました。こちら↓

東日本大震災による被災者、 DV・ストーカー行為等・児童虐待等の被害者、 一人暮らしで長期間医療機関・施設に入院・入所されている方へ(総務省ホームページ)


ポスター・リーフレット ポスター・リーフレット





現在の居所を登録申請することで、例外的に「通知カード」が現在の居所の住所地へ送付されます。
 
この措置を受けるためには、現在お住まいである居所の登録をする必要があります


申請期限は、平成27年8月24日(月)から9月25日(金)までに(持参又は必着)とされていますので、忘れずに手続きをする必要があります。



該当する方々は、ご留意ください。