マイナンバー法施行、

ストレスチェック制度、

改正労基法、

被用者年金一元化法

・・・・・・

今年は
秋から年末にかけて
重要な法改正の目白押し。

目が回りそうです。


さて、この被用者年金一元化法の絡みで、
厚生年金保険料の徴収について一部変更
されました。

事例としては、
同じ月に厚生年金の「資格取得」と「喪失」が
発生し、国民年金の資格取得をした場合です。

具体的にいうと、
入社して、すぐに辞めてしまったような
ケースですね。稀なケースではあります。



151007同月内に厚生年金の得喪があった場合

国民年金 厚生年金
従来まで 納付 徴収
平成27年10月1日以降 納付 ×



このようなケースでは、従来、
1か月分の厚生年金保険料を控除し、
さらに国民年金保険料を納付する必要がありました。

しかし、平成27年10月以降から厚生年金保険料は
控除せず、国民年金保険料のみ納めれば良いことに
なりました。

つまり、先のような事例の場合、
会社は、厚生年金保険料の本人負担分を控除する必要が
なくなった
ということです。


ただし、健康保険・介護保険料は、
1か月控除する必要があることに変更はありません。
あくまでも、厚生年金保険料だけです。


詳細は、当センターのホームページでアップしておりますので、
ご参考ください。