10月5日を過ぎてからというもの、
巷のあちこちで“マイナンバー”という
言葉を耳にする機会が多くなりましたね。

さて、来年1月以降から利用が始まる
マイナンバーですが、この取扱いに関し、
日本年金機構から案内が出ています。


それは、公的年金の請求をする際、
添付書類として「住民票」を添付する
ケースがあります。

その際、日本年金機構へ提出する
「住民票」は当分の間は、
”個人番号(マイナンバー)の
記載がない「住民票」”
を提出する必要が
あります。


日本年金機構に提出する住民票について(お願い)

これは、皆さんもご存知の通り、
一連の流出事件を受けて、個人番号と年金の
連結が一定期間見送られた(法改正)ことに伴う
影響です。


日本年金機構へ添付書類として住民票を提出する
場合は、個人番号が記載されていないかどうかを
確認して提出する必要があるといえます。







◆参考 日本年金機構ホームページ
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2015/201510/1007.html