社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

カテゴリ: 310's think


蒸し暑い日々が続いてますね。
暑さが年々増している気がするのは、私だけでしょうか。

昨年のデータになりますが、熱中症になりやすい7月~8月中に、
熱中症により入院された方は、なんと776人!!
ということです(厚生労働省 平成29年度熱中症入院患者等
即時発生情報内の(参考)より
)。

このデータは、小さなお子さんや、年配の方も含まれ、
仕事中の人達に限ってないとはいえ、人数の多さには
驚きました。


水分補給をしておかないと、たとえ室内であっても熱中症を
引き起こす危険性があります。熱中症は外だけで起こるもの
ではありません。

これは既に知られている知識だと思いますが、仕事のように、
何かに集中していると、ついつい水分補給することを忘れて
しまいがちです。

この時期はこまめの水分補給!これを意識していきましょう!!

それから、状況把握!!です。

特に外での仕事が多い建設業の方々や、外回りの営業さんは
必須ですよ。

状況把握というのは、自分が置かれている環境の“暑さ指数”
予め把握しておく・・・ということです。


安全大会等で熱中症予防対策のお話をさせていただく際は、
“暑さ指数”を利用しましょう!と口すっぱく言っています。


“暑さ指数”とは簡単に言うと、熱中症を予防するための指標です。
アメリカで提唱された考え方です。



詳しく知りたい方は、環境省のサイトに掲載されていますので、どうぞ!
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)とは?



上記の環境省のサイトでは、この“暑さ指数”も情報提供して
くれています。地域を選択するだけで、簡単に暑さ指数を知る
ことができます。
暑さ指数(WBGT)の実況と予測(環境省熱中症予防情報サイト)




とはいえ、作業現場や自分が実際にいる場所とは誤差が生じます。

だから、
“暑さ指数(WBGT)”を簡単に知りたい!
今いる場所の“暑さ指数”を把握したい!!
という声も多いのですね。



そこで私がおススメしているのが、こちら!!!





小型で軽く、鞄や腰にカラビナでぶら下げられるので、
携帯性抜群です。
それに、なんと言っても、熱中症の注意レベルを
液晶画面と音で知らせてくれるから、わかりやすい!!


ツールを活用し、今年の暑い夏を事故なく乗り越えて
いきましょう!!

自分の身を守れるのは最後は自分自身です。





2016年が終わりに近づいています。
1時間をきりましたね。
何かやり残したことないかなぁ(笑)

個人的に
今年はマイナンバーに始まって
マイナンバーで終わったように
感じます。

だから
自分の中で
今年を象徴する漢字は
「数」かなと…。

さてさて、
長時間労働による過重労働の問題
他方では、一億総活躍の面から
扶養控除の見直しにみられるように
「働き方」というか
「働くことのあり方」
という視点で様々なことが
これからも目まぐるしく変化を
していくのだろうと思います。


新しい年も、
この変化していく波に
乗り遅れることがないよう
お客様へ質の高いサービス提供ができるよう
研鑽して参ります。


ということで
2016年はこれが最後の投稿です。

新しい年が
皆さまにとって実りある素敵な1年になりますように。

本年も大変お世話になりました。
新年も相変わらずよろしくお願いを申し上げます。




つい先日の朝日新聞のニュースで、ご存知の方も多いかも
しれませんが、ロイヤルホストが24時間営業を廃止するとのこと。


以下に一部引用します。
-----------------------------------
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングス(HD、福岡市)は、来年1月までに24時間営業をやめることを決めた。早朝や深夜の営業短縮も進めており、定休日も「考えるべき時代が来ている」(黒須康宏社長)として導入を検討していく方針。定休日は百貨店業界で復活が相次いでいるが、外食業界ではめずらしい。
出典:朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/articles/ASJCK4DBJJCKTIPE014.html
-----------------------------------


私は素晴らしい英断だと思います。
働き手が減少していますし、いよいよ団塊の世代が70歳を迎えます。
育児・介護の問題は、これから益々企業も個人も考えるべき課題になると思います。
今までのような働き方を維持することは、維持したくても難しくなる・・・
そう思うからです。

今のうちから見直しを図りつつ、来たるべき時に備えなければ手遅れになります。

本当に必要なサービスなのか否か。
ムリのある過剰なサービス提供に陥っていないか。

これらについて見直し、検討することは大切なことです。
その先には、“過労死”を防止することへも繋がります。


以前、この辺りのことについて、
書いたコラムがありますので、宜しければご一読ください。




◆読了しました!

我が師である年金博士こと、北村庄吾氏が久々に執筆した渾身の本。

ということで、

amazonで発売日に購入していたのですが、このところ何かと期限付の
案件が多くなかなか読めず・・・
ようやく腰を据えて拝読!






◆ん~実用的で読みやすい!

北村先生の本の特徴でもありますが、
事例や図表がふんだんに入れられており、文字だらけではないので
読みやすいです。

制度解説とともに、
こうしたらこういう効果が得られますよ!
って構成となっているので、社会保障や税金関係に明るくない方でも
自然と内容が入ってくるのではないかと思います。


◆来年から改正確定拠出年金法が施行

日本版401k・・・
制度が導入されてから15年が経過しますが、法改正により来年から
誰でも加入することが可能になります。

将来の老後の年金を形成し、かつ、節税効果も得られる・・・
国がお墨付きを与えた制度だからこそ!ですよね。

この辺りも解説されていますよ!



◆特に経営者の方に!

読んでもらいたい内容だと思いました。

労働者の方々は、企業が退職金制度を用意していたり、諸々の福利厚生制度が
整っていたりするものです(そうでない会社も多くなっていますが)。

ところが、経営者は自分で諸々の手当をしていかないと、何もありません。
すべては“自己責任”だからです。

だから、この本を参考書として、
ご自身の老後資金について考えるきっかけにしていただけたらなと思います。


ちなみに、
私が、経営者の方々に向けて年金関係のお話をする機会がある時は、
「小規模企業共済」・「経営セーフティ共済」は鉄板ネタです!!
これらも国が認めている制度です。

そして、この本の中でも「小規模企業共済制度」のことが書かれています。


巷にはお金にまつわる本がたくさんありますね。
なかでも多いのが「○○をすると、いくら稼げる」みたいな怪しい内容・・・。


同書は、そんなんではなく、
法制度に基づいてエビデンスのあるお金の参考書となっています。







皆さまも是非お手にとってご覧ください。
おススメします!!

☆やっと出会えた!!

 求人募集をかけ、採用試験や面接を重ね・・・
この人物だ!と思える人に出会い採用決定!!
会社としては嬉しい瞬間ですよね。


 さて、その時、御社では雇用契約書を
交わしていますか?

 雇用契約書までは求められていませんが、
どのような労働条件で雇用するのかについて、
会社側は書面で明示し労働者に通知しなければならないことに
なっています(労働基準法第15条)。

 この書類を「労働条件通知書」と呼びます。

 法所定の要件を満たした雛形は、厚生労働省のホームページで
公開されているので、こちらをどうぞ。



 しかし、書面等の交付は行わずに、結構曖昧にして
しまっている企業が散見されます。


 なぜだと思いますか?


続きを読む


◆業務の見直し・・・

必要ですね!

以下は、読売新聞に出されていた記事です。以下に引用します。

-----------------------------------------

日本郵便は、2017年1月2日の年賀状の配達を取りやめる方向で最終調整に入った。

人件費の負担が大きいと判断したとみられる。1日と3日の配達は継続する。

1月2日の年賀状配達は日本郵政公社時代の05年、顧客サービスの向上の一環として再開された。

しかし、電子メールの普及などで年賀状を書く人が減り、日本郵便が16年度に発行した年賀状は28億5329万枚と、8年連続で前年を下回った。ピークだった03年度に比べ、3分の2の水準だ。

年賀状の配達業務はアルバイトに頼ることが多く、近年は人手の確保も難しくなっていた。2日の配達を中止すれば、コストの削減につながる。

〔出典〕読売新聞『年賀状の1月2日配達中止へ…人件費負担大きく』より抜粋。

-----------------------------------------


昨年は三越と伊勢丹がお正月休みとして1/1と1/2の営業を休み、1/3から初売りとすることがニュースになっていました。

労働の担い手が減少するなか、働き手の「働く意識」が多様化し、時代の流れもまた変化してきています。


こうした時代に乗り遅れる会社は、人が集まらなくなり、仕事はあっても、担う人材を確保できない・・・
行く末は人材難による倒産・・・ということも決して大袈裟な話ではなく、これからの時代は考えられます。

改めて、これまで「当たり前」とされてきた業務等、見直すことが迫られていると思います。
その上で、今回の上述した記事の中にもあるように、当たり前とされてきたサービスを<やめる>という決断も必要となってくるのではないでしょうか。

考えさせられるニュース記事だと思います。


たまたまだったのですが、この辺りのことについて書いていた記事が、経営プロ様のサイトにて掲載いただいています。

「働き方改革、その先にみるもの」


宜しければ、是非ご一読ください。



 先週末、水草作家の第一人者てっちゃん先生こと、田畑先生のもとへ
ボトリウムを作りに行ってきました。

 ボトリウムとは、「アクアリウム」と「ボトル」を組み合わせた田畑先生独自の造語です。
要するに、自分だけの小さな水族館です。

 今年の初めにボトリウムと出会ってからハマり、今回で3回目の制作でした。
作る時も楽しいのですが、その後も鑑賞で楽しめて二度おいしい!!
そして、眺めてると癒されます(笑)


 元々、熱帯魚が好きで水槽で飼育していたことがありますが、水替えや維持管理が
本当に大変で、結局やめた過去があります。

 でも、このボトリウムは、水替えは週に1度でいいし、管理が本当に簡単!
手軽に始められて楽しめるということが何よりの魅力ですね!!インテリアにもいいですし。


 てっちゃん先生にアドバイスをもらいながら今回作成したのがこちら!
前回よりも背丈のある円柱のボトルに挑戦しました。
深さがあるぶん、作るのが難しかった(>-< ;)

2016-04-03-20-19-25
 


 ちなみに、一番最初に作ったのがこちらです!

2016-01-03-23-05-29


 いずれにせよ、どちらもいい感じだ☆

 自ら手を加えて作っただけあって愛着が湧きます(完全なる自己満)。



 ちなみに先生の作品がこちら!!
2016-04-03-20-19-26

 さすがプロですよね!

 石や水草の配置をどうするか行き詰った時に、てっちゃん先生に少し手を加えてもらうと
瞬く間に水草の綺麗な世界観が表現されます。


 家に帰ると、ついついいつまでも眺めてしまいます(笑)


このボトリウムイベントですが、エスパルスドリームプラザで今月10日まで開催されるようです。

興味のある方は是非(o^∇^o)ノ


↑このページのトップヘ