梅雨が明けたのか?
まだ明けていないのか?
今日は、湿気もあって蒸し暑いですね~( ̄▽ ̄;)!!


さて、さて・・・
昨日、熱中症に関する記事を書きましたが、
企業の取り組みの一つとして、次のようなものに参加してみるのはいかがでしょう?


実は、今月から厚生労働省で「あんぜんプロジェクト」がスタートしています。

この取り組みは、労働災害のない社会を目指すために実施されるもので、参加企業(プロジェクトメンバー)の募集をしています。

メンバーとして正式登録された企業は、厚労省のサイト上に掲載され、労働災害に対し、高い意識を持って取り組んでいる企業として紹介されます。

普段から、安全衛生に対する取り組みを実施している会社さんは、少なくありません。

しかしながら、こうした活動は日々の積み重ねであり、地道で地味な側面があることは否めません。

企業活動の一環として紹介したくても、なかなかそれを大々的に取り上げて外に発信することはないと思いますが、今回のような行政主導の取り組みに参加することで、対外的に目に見える形でアピールできるチャンスになるのではないかと思います。



‐‐‐以下は、厚生労働省の報道発表資料からの引用です‐‐‐

厚生労働省は、全国安全週間(7月1日~7日)にあわせて、7月1日から「あんぜんプロジェクト」を立ち上げます。

平成22年は労働災害で1,195人の方が亡くなっており、107,759人の方が休業4日以上を余儀なくされる労働災害に被災されています。

もとより、働く方の安全と健康を確保することは事業者の責務ですが、そのためには、企業とそこで働く方々の創意と工夫による不断の努力が不可欠です。ま た、安全への取組は、働く人の能力向上、企業の生産性向上、家族の安心やワークライフバランスの実現にも良い影響を与えます。さらには、消費者の皆様に良 質な製品やサービスを提供することにつながるものです。

「あんぜんプロジェクト」では、上記のような安全への取組を企業価値を評価する一つの要素として捉え、プロジェクトに参加される企業(プロジェクトメン バー)の取組を広く国民の皆様と応援することにより、労働災害のない元気な日本を創るための取組を加速させてまいります。

「あんぜんプロジェクト」をより幅広くPRし、安全への取組に意欲のあるプロジェクトメンバーが国民の皆様や企業間取引において評価されるよう、「あん ぜんプロジェクト」サイトを立ち上げました。サイトから、プロジェクトメンバーの安全への取組等をご覧いただけるようになります。
 プロジェクトメンバーとして参加される企業をサイトで募集していますので、詳しくはアクセスしてください。
(6月30日14時開設予定)

‐‐‐引用記事はココまで‐‐‐


《参考》

あんぜんプロジェクト  http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/index.html



興味のある企業さんはぜひ!!