更新滞っておりますが、生きてます。
相変わらずバタバタと過ごしていたら、10月も半ばですね。
ブログ更新は滞っていますが、普段は、Twiiter(@masa_kin),Facebookで地味に生息していますので、そちらも合わせて確認していただけたらと思います。

さてさて・・・10月14日のiPhone4S発売日、私もご多分に漏れず、iPhone4Sを手に入れました(^^)

これまで、3GSを使用していたのですが、3GSと比べると、iPhone4をすっ飛ばして変えたせいか、薄さ・重さ・カメラ機能・画質・処理速度等々・・・当たり前ですがすべてにおいて勝っています。わかってはいたけど、実際に触ってみてあまりの差に驚きました。

個人的に、今回のios5から搭載されたiCloud、とっても気に入ってます。
いちいち母艦に同期をかける手間が省かれて便利。
電話帳もiCludに同期リンクしてくれているのは、いざデータが飛んでしまった時に慌てなくて済むから嬉しい。これまでもGoogleに同期をさせてましたが、クラウド上で2か所にそれぞれバックアップデータを置いておけるのは安心できてイイですね。

とはいえ、プロじゃないのでスペックのどの部分がどうのこうのという詳しい解説はできません。なので、これらの解説は、他の人たちがブログやTwitterに投稿されてるので、そちらに譲ります(笑)。

とまぁ、発売されたばかりのiPhone4Sを触りつつ、設定しつつ喜んでいたら、こんなニュースが飛び込んできた。

サムスン、東京地裁にiPhone4Sの販売差し止め仮処分を申請

↓これに関して、端的によくまとめられてたので、
やまもといちろうさんのブログをご紹介↓
サムスンって本格的に馬鹿なんじゃないの


「iPhoneを主体的に買いたいという人たちを敵に回した」ってのは同感。

何でこんなこと書いたかというと、Facebookの中で、ある方に指摘されて思い出したからなのですが、昔SOTECのe-oneパソコンという、アップルのiMacに酷似しているのがあって、結局販売差し止めになった経緯がありましたよね。>>詳細はこちら

既に海外ではドイツ・オランダとアップル側が勝訴してるみたいですが、日本では裁判所がどう判断するのか?iPhoneユーザーとしては気になるところです。

やまもと氏のブログにも書かれてますが、資源のない中で、日本はものづくりをはじめとする素晴らしい技術をたくさん持っている訳で、アップルの知財に対する考え方や対策というのは日本も見習っていくべき部分だと思います。