ブログネタ
バンクーバーオリンピック に参加中!
出身大学の後輩にあたるから擁護する訳ではありませんが・・・(笑)

マスコミを前にヘタレるな、スノーボード国母選手(PJオピニオン)
- livedoor ニュース

スノーボードの国母選手、一気に有名人になってしまいましたね!

私は今回の「服装の乱れ」という一連騒動について、こんなに騒ぐほどの、またJOCが目くじらを立ててムキになるほどの問題だと思いません。確かに、あの服装を見て不快に思われた方もいるのだろうし、また、日本代表選手のドレスコードとされている以上、キチンとした着用をしなかった彼自身にも非はあると思います。

しかし、一時出場停止まで事が発展していったことや、それに対する記者会見・・・まったくもってお粗末ですよね。そこまですることかと・・・。日本の悪い部分(型にはまらないとスポイルする)が出たような印象を受けました。

「服装の乱れは心の乱れ」
よく教育の現場で使われる言葉だと思いますが、オリンピックは教育の現場ではありません。日本代表の選手として、ベストの結果を出すことが彼自身の最大の使命な訳です。そして、あれは国母選手自身のスタイルなんでしょう。よってたかって多方面から服装について強烈なバッシングを受けた彼を気の毒に、また可哀相に思います。

「反省してま~す!」発言も、彼自身はこの一件について純粋に自分は悪いとは思っていなかったのでしょう。彼なりのスタイルだからです。なのに周囲の批判が大きいので半ば強引に謝らせられたというのが実状ではないかと思います。

少し残念だったのは、バッシングを受けてもそれが自分のスタイルと突っ張るのならそれを最後まで貫けよ!とは思いました。怒られてシュンとなって謝るのでは子供と一緒ですから。まぁ、あぁでもしないと事態の収拾はつかなかったのでしょうね。

要は、周りが注意してあげれば良かったという話で片付くことではないでしょうか。亡くなられた中川前外務大臣の記者会見の時と同じです。

あと、東海大も国母選手の応援中止を決定したようですが、応援ぐらいしてあげようよ~!周りから総スカンを食らって、彼を守ってあげられるのは所属している大学しかないのですから。

これから競技に臨む前であるにも関わらず、これだけバッシングを受けて、相当ヘコんで精神的にもツライ状況だと思います。色々な人の意見や見方があると思いますが、私は国母選手には是非ともこれをバネにして良い結果を出して世間を見返してやれ!とエールを送りたいと思います。

きっとメダルでも獲ろうもんなら、周囲の態度はガラッと豹変するのでしょうね。ま、社会ってそんなもんかもしれませんが・・・。仮に彼がメダルを獲得したときの周囲の反応が見物だと思います(笑)。