2009年の新流行語大賞は「政権交代」に決定したようですが、いまの政府では「政権後退」に感じてしまうのは私だけではないはずである。経済にも疎ければ(財務大臣のデフレ容認発言)、長期的な展望での景気対策がまったく実行されていない。政権が代わってからここまでほぼ無策だ。極論だけど、バカみたいな対策でもイイ!国民はその対策を待ち望んでいる。


ユーキャン新語・流行語大賞全受賞記録


事業仕分け?あれは国民に対するパフォーマンスに過ぎないでしょう。
ブラックボックスに包まれていたものを、国民に公開して透明性を確保したことに一定の評価はしなくちゃいけないのかもしれないが、あの事業仕分けのタイミングは今ではない、と私なんかは思う。それよりもまずは目先の景気対策、そして、迷走状態の今の日本がどこに向かって走るべきなのか?中長期におけるビジョンを打ち出して成長政策を打ち出すことの方が先だろう。私は特に支持政党というものはないが、こんな状態なら麻生政権の方が、まったくもって良かった。退陣間際では、麻生前首相はボロクソに言われてたが、私は一国民として一定の評価はしていた。

前回のエントリー記事でも書いたが、ドバイショック以前にあった若干の景気回復は、前政権である麻生政権時代の景気カンフル剤による果実だ。あたかも、現政権による成果であるかのごとく振舞い発言している者もいるが明らかに違う。民主党になってからの成果は、この1年間に初めて出てくる。今のような無策や後手状態が続けば、景気の二番底は間違いなく来てしまうだろう。そうなると、来年の今が本当に恐ろしいことになる。

今回の追加経済対策も、中小企業の資金繰り支援策の枠を広げたというのが主なもの。資金繰り支援といったって、結局は中小企業の経営者から見たら借金に他ならず、将来的には返さなければいけないお金だ。いつになったら抜けるのかわからない不景気という闇を歩き続け、疲れきった中小企業経営者が、先行き不透明な状況の中で経営判断を迫られている。1年先ですらどうなるか読めない状況の中で、枠を広げたというだけで、簡単に借り入れを起こせるだろうか?

これではただの延命措置に過ぎず、効果は期待できない。このまま進んでしまえば、さらに倒産企業は増え、失業者で溢れてしまうことになるだろう。これは決して大げさな話ではない。いま手を打っていかなければ遅い!政治主導とむきにならずに、官僚の知恵を借りたらいいのに。。。


鳩山不況という言葉まで出てきて、日本のトップリーダーは、本当に今の日本の置かれている状況や、国民の生活を理解して陣頭指揮をとっているのだろうか?疑問だ。