社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
同様の名を語り他県で展開する団体と一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

タグ:人材育成

5

 社労士仲間の中 昌子(なか しょうこ)さんが、2月2日に初の著書を出版されます。
以前も、このブログでラジオ出演の際にご紹介しています。

 本のタイトルは、今日の表題にも掲げましたが、

 「社員もパートもみずからが動き出す『心の報酬』の与え方」なんですね。


 本の著者である中昌子さんの経歴が凄い!

 主婦パートとして、あるスーパーに関わることから始まる訳ですが、そこから、店長に抜擢されます。

 店長として、

 ・店舗の売上に繋げるためには何をしたら良いのか?
 ・そこに働く人間の働きがいをどうあげていくのか?

 単なる数字上の売上至上主義ではなく、働く人に焦点をあてて組織力を高めるシステムを構築されています。

 これを中さんは・・・、
 「真の顧客満足を生み出せるのは、『働く喜び』を感じられる従業員だけなのです!」
と語っていらっしゃいます。

 ●社内MVP制度をつくる
 ●成長する上司の姿を見せる
 ●褒めるより叱るほうを真剣に …etc.


 金銭的インセンティブは、有効な面がある一方、これだけでは長続きしません。
ある研究では、インセンティブを持たせて賞与を支給したとしても、その持続効果は3日でしかない。
働く職場の人材育成こそが組織強化に繋がるんですね。

アメリカ企業のように、仕事基準の報酬ではなく、ヒト基準で報酬を支払ってきた日本企業であればなおさらです。最近、アメリカナイズされ過ぎて、どこも仕事基準にシフトしつつあることは悲しいことです。
日本企業の良さを、自ら捨てているようなもので・・・。

人材育成しながら、企業の戦力化を図る。
そして、そこに働いている人にも、その企業で働いていることの・担っている仕事の喜びであったり、誇りを感じてもらうようにする。

王道のようですが、これが真の人材育成だと私は思っています。

しかし、王道でありながら、これを実行していくことが難しい。困難もつきまといます。

そこで、「働く喜び」を軸にした人材育成の方法を知りたい方に、自信を持っておススメする1冊です(^-^)


お近くの書店・Amazonで購入可能です。

興味のある方はぜひ!


5
ブログネタ
できるビジネスマンへの道 に参加中!
昨年発売されてこの本の存在は知っていて、タイトルもおもしろそうだしいつか読みたいと思い延び延びに…。

そしたらこの本、iphoneアプリでも販売されてて早速ダウンロードしました。普通に本で持ち歩くとかさばるのが嫌な私はiphoneに入れておけば移動時間や隙間を見つけて読めるだろうと思ったからです。

ところが、そんな何日かにわけて読もうと思っていた私がバカだった。読み始めたら面白くて、どんどん引き込まれてしまい、途中iphoneの充電が切れてしまうというアクシデントに見舞われながらも、コンセントに繋いでまた続きを再開するという、それほどにまで没頭し、一気に読みきってしまった。

ドラッカーの「マネジメント」に書かれている肝をうまく取り入れながら、高校野球部の運営とリンクさせて物語は進んでいきます。弱小最悪の人間関係にあった程高野球部が、ドラッカーの「マネジメント」の本の中に答えを探し、それを実践していきながら、甲子園を目指していくストーリー展開になっています。





人の動かし方(適材適所)だったり、組織とはどうあるべきか?など、経営学という側面だけで入ると、つまらなく感じたり途中で挫折してしまうかもしれませんが、この本は飽きないようにできてます。かといって、大事な部分が書かれていないかというとちゃんと押さえられていているので、とても入りやすい本だと思います。

初めて管理職に就いた方や、初めて部下を持って、その人間関係に悩んでいる方には超がつくほどオススメの一押しの本です。

また、改めて原点に立ち返る意味で、経営者の方々にも楽しく、でも、どこか考えさせられる部分もあると思うので、ぜひ読んでいただきたい本です。


しかし、本当に感動したというか感心したというか、よくこんなの思いつくなぁ!と、この本の著者である岩崎夏海氏に感服させられました。

この本を読むまで、私は知らなかったのですが、秋元康氏に師事し、放送作家として、とんねるずやダウンタウン、AKB48のプロデュースされてる方なんですね。

どおりで頭が柔らかい訳です。
想像力や独創性に富んでるはずだよねと妙に納得をしてしまいました。なかなかドラッカーと高校生をくっつけられません。非常によくできた本でした。やられた~って感じで何か悔しい・・・(笑)



もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2009-12-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


↑このページのトップヘ