年度末に差し掛かり慌ただしいですね。
 私の事務所も、労働保険の年度更新業務が入ってくるので、これから忙しくなりそうです。


image



 さて、セミナーのご依頼をいただきまして、先日の日曜日に介護業界の方々を対象とした
マイナンバーセミナーの講演をしてまいりました。

 一般の方からすると、介護事業者とマイナンバーって繋がりがないように見えると思いますが、
めちゃくちゃ繋がりが深いのです。だって、介護保険が影響してきますから・・・。

 介護保険に係る申請書類も様式改正がされ、個人番号記載欄が追加されています。
利用者さんの個人番号をどのように取り扱うべきか?
これは、各現場(特に施設)で本当に悩ましく、業務に携わられている方々は、ご苦労を
されている事項の一つだと思います。

 それに、介護や医療に携われる方々って、ホスピタリティーに溢れた方々が多いんです。
自らが動くことで、利用者さんが楽できるなら・・・と、ついつい諸々のお願い事を引き受けて
しまう。これは素晴らしいことですが、マイナンバーとの関係で考えると、良かれと思ってしたことが、
後々に大きな問題(リスク)になりかねない危険性を孕んでいる訳です。

 そこで今回は主として、

 ●利用者さんのマイナンバーを事業者が管理しても良いの?

 ●利用者さんが認知症を発症されている場合の対応は?

 ●介護事業者が、利用者さんのマイナンバーと、どのように関わっていけば良いか?

 ●どのような点に気をつけるべきか? 


・・・等々について、2時間ちょっとお話させていただきました。 


 最後の質疑応答では、今まさに現場で起きている実務と絡めた質問もいただき、
介護事業所が抱えるマイナンバーに対する問題を改めて痛感した次第です。


 冒頭から最後まで真剣な眼差しで 受講いただきました。

 この場をお借りして御礼申し上げます。