社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
同様の名を語り他県で展開する団体と一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

タグ:健康保険

ブログネタ
日本の雇用の現状 に参加中!
わが国の医療保険制度はどうなってしまうのでしょうか・・・。
保険料率を引き上げることによって、中小企業の経営は大変なことになっています。

‐‐‐以下「日本経済新聞記事」一部抜粋‐‐‐
>>記事本文はこちら

健康保険組合連合会は7日、大企業の会社員とその家族らが加入する健康保険組合の2010年度収支見通しを発表した。経常収支が 赤字の組合は前年度比4.2%減の1,295にとどまるが、組合全体の赤字額は6.4%増の6,605億円と過去最大の規模に膨らむ。景気の低迷で保険料収入 が減っているのが主因。これを受けて3割弱の組合が保険料を引き上げる予定だ。

健保連が全国1,462組合(4月1日時点)の収支見通しを調べ、1,313組合の回答から全体を推計した。赤字組合の割合は89%で、2ポイ ント低下した。組合全体の収支悪化(黒字の縮小と赤字の拡大)は6年連続となる。

事業主と会社員が折半で負担する保険料率は全国平均で7.62%。0.18ポイント上昇し、8年ぶりの高水準を記録する。352組合が保険料率を引き上げる。

‐‐‐以上「日本経済新聞記事」‐‐‐




協会けんぽも、企業の健康保険組合も大変だと思いますが、中小企業はもっと大変です。景気が回復してきていると言われているものの、その実感は未だなく、更に厳しい経営の局面を迎えている中小企業は全国的にみても少なくありません。

市場の縮小や取引先の倒産等により売上減少に苦しむ中で、苦肉の策として人件費の削減、すなわち給与の引き下げを社長は社員の方々にお願いをします。給与は社員の方々の生活に直接的に影響してくるため、これを簡単に飲めるはずがありません。当たり前です。

法律という側面からみても、給与カットなどの労働条件引き下げは厳格に考えられおり、2008年に施行された「労働契約法」においても不利益変更は労働者との合意がなければできないものとされています。

労働者側の生活・心情的な面、そして法律から要請されている面と、不利益変更には高い壁が立ちはだかっている訳ですが、会社を存続し、雇用を守るためには最終的に給与カットへ踏み切るしかない・・・そこには、こうしたことを言い出さなければならない社長、そして、それを受け入れる労働者双方の並々ならぬ腹を据えた覚悟のもとで、ようやく実行されます。

そして、ようやく給与カットその他から捻出したいくらかのお金を資金繰りに回そうとしているにも関わらず、保険料財源が足りないという理由で、ましてこの時期に、料率を引き上げる・・・結局、給与カットで捻出したぐらいのお金は、料率引き上げに伴う会社の負担増分で簡単に消えてしまうということが現実に起きています。

この現実を、国政を担っている方々は本当に理解しているのか?
過去最大の予算を成立させ借金が税収を上回るという異常事態の中で、本当に使うべきところに予算配分がされているのか?ムダを省くと公約し、政権を獲ったのは国民に対する詐欺行為だったのか?


このままでは本当に日本の国から中小企業が消えてしまいます。待ったなし状態です。私たち国民は、真剣に政治の行く末を、日本の将来像をこれまで以上に厳しくチェックしていかなければならないと思います。

アップするのが遅くなってしまいましたが、当ブログへアクセスしていただいた2010年2月の検索フレーズBest10を発表します。

100319_2209_01

【第1位】
残業なう

【第2位】
310ch

【第3位】
時間単位の年次有給休暇 メリット

【第4位】
twitter 弊害

【第5位】
有給休暇 時間単位取得

【第6位】
ツイッター 弊害

【第7位】
厚生労働省 成果主義 調査

【第8位】
有給 社労士

【第9位】
法定福利費 料率 2010年

【第10位】
有給 時間単位の弊害


Twitter関係と、先月に続いて、労基法改正の一つである時間単位の年次有給休暇に関する検索が多い結果になりました。

私もTwitterやっています。たまにしかつぶやいていませんが、もしよろしければぜひフォローお願いしますm(__)m
このTwitterですが、ユーザー人口は増加の一途を辿っており、会社がメルマガやWebショッピングのサイトと連動させたりしていて、その用途や効果は未知数だといわれています。しかし、メリットばかりでなくて、デメリットの部分も出始めています。気軽につぶやけることが良いTwitterですが気軽であること=気軽に「大したこと(つまり、公表してはまずいこと)」をつぶやいてしまう・・・という危険性もあるということです。

この続きは、以前の記事をご覧ください。
残業なう。Twitterの思わぬ弊害。つぶやき社員に注意!


時間単位の年次有給休暇については、メリットもある一方で、中小企業にとっては安易に制度を導入してしまうと、有給管理や給与計算が煩雑になってしまうといった危険性もあります。
年次有給休暇の時間単位取得が可能に。
時間単位有給について


法定福利費 料率 2010年というフレーズですが、
平成22年3月分から、健康保険・介護保険の料率が変更されました。
健康保険料率と介護保険料率が引き上げへ

なお、社会保険と労働保険の料率一覧について、当センターのホームページ上に掲載しております。ご参考ください。
最新保険料率をチェックしましょう!


ところで・・・、
このブログのタイトルである「310ch」が、検索フレーズの第2位にきているのは、ちょっと驚きでした。。。

ブログネタ
日本の雇用の現状 に参加中!
健康保険料率と介護保険料率が平成22年3月分から変更(引き上げ)されます。変更の詳細時期は、4月支払いの給与(4月納付分)から変更です。給与計算事務をご担当されている方は、料率・控除する時期について、くれぐれもご注意ください。


料率改正の詳細は、当センターのホームページに掲載しておりますので、そちらをご参考ください。


昨年の9月から、協会けんぽの健康保険料率は、都道府県別に管理されることになったので、地域によりバラバラです。バラバラではありますが、どの都道府県も共通していえるのが、1%以上も保険料率が引きあがっているということ。


例として、20万円の給与の社員であれば、
月の負担が2,000円以上も増えるという計算になります。これを会社と社員で1,000円ずつ負担し合うことになるのですが、社員の負担は年間で12,000円!社員個人の負担もさることながら、会社負担は非常にキツイものがあります。

上記例のような社員が10人いたとすると、月に10,000円の負担増。年間では12万円の法定福利費が膨らむ計算になります。

さらに、介護保険料率(40歳~64歳が対象)は全国一律ですが、こちらも、1.19%から1.50%に引きあがります。20万円の給与だと、3,000円。今よりも620円増える計算です。会社と社員で310円ずつ増えた分を負担し合う訳です。

高齢化にますます加速がついて、医療費も年々増加していることを考えるとこのような現象は当たり前といえば当たり前ですが、目を背けることのできない切実な問題になってきました。
一方で、厚生年金の料率は、2004年の法改正によって、既に2017年度まで上昇することが決まっています。

会社が社会保険をどのように考えていくのか?
これも経営戦略の一つなのではないでしょうか。

脱税は違法になりますが、節税は違法ではありません。

同時に、社会保険料についても同じようなことがいえます。適正な社会保険料負担とするために今のうちから対策をとっていく必要があります。節税ならぬ「節保険料」ですね。

当たり前ですが、私がここでいう「節保険料」は、一時期問題となって騒がれたような「標準報酬月額」の改ざん等を意味するのではありませんので、ご注意ください。これは、税金でいうところの脱税に当たってしまいますので違法のど真ん中になってしまいます(笑)。

前回のエントリー記事で書きましたが、

限られた時間で成果をあげるような仕組みづくりをすれば、残業対策に繋がります。そして、残業対策は過労問題解決の糸口となるとも書きました。社会保険料適正対策にも同じことがいえて、残業対策と一体的に取り組んでいく企業の課題と捉えていくべきだと思います。

↑このページのトップヘ