蒸し暑い日々が続いてますね。
暑さが年々増している気がするのは、私だけでしょうか。

昨年のデータになりますが、熱中症になりやすい7月~8月中に、
熱中症により入院された方は、なんと776人!!
ということです(厚生労働省 平成29年度熱中症入院患者等
即時発生情報内の(参考)より
)。

このデータは、小さなお子さんや、年配の方も含まれ、
仕事中の人達に限ってないとはいえ、人数の多さには
驚きました。


水分補給をしておかないと、たとえ室内であっても熱中症を
引き起こす危険性があります。熱中症は外だけで起こるもの
ではありません。

これは既に知られている知識だと思いますが、仕事のように、
何かに集中していると、ついつい水分補給することを忘れて
しまいがちです。

この時期はこまめの水分補給!これを意識していきましょう!!

それから、状況把握!!です。

特に外での仕事が多い建設業の方々や、外回りの営業さんは
必須ですよ。

状況把握というのは、自分が置かれている環境の“暑さ指数”
予め把握しておく・・・ということです。


安全大会等で熱中症予防対策のお話をさせていただく際は、
“暑さ指数”を利用しましょう!と口すっぱく言っています。


“暑さ指数”とは簡単に言うと、熱中症を予防するための指標です。
アメリカで提唱された考え方です。



詳しく知りたい方は、環境省のサイトに掲載されていますので、どうぞ!
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)とは?



上記の環境省のサイトでは、この“暑さ指数”も情報提供して
くれています。地域を選択するだけで、簡単に暑さ指数を知る
ことができます。
暑さ指数(WBGT)の実況と予測(環境省熱中症予防情報サイト)




とはいえ、作業現場や自分が実際にいる場所とは誤差が生じます。

だから、
“暑さ指数(WBGT)”を簡単に知りたい!
今いる場所の“暑さ指数”を把握したい!!
という声も多いのですね。



そこで私がおススメしているのが、こちら!!!





小型で軽く、鞄や腰にカラビナでぶら下げられるので、
携帯性抜群です。
それに、なんと言っても、熱中症の注意レベルを
液晶画面と音で知らせてくれるから、わかりやすい!!


ツールを活用し、今年の暑い夏を事故なく乗り越えて
いきましょう!!

自分の身を守れるのは最後は自分自身です。