社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

タグ:熱中症


蒸し暑い日々が続いてますね。
暑さが年々増している気がするのは、私だけでしょうか。

昨年のデータになりますが、熱中症になりやすい7月~8月中に、
熱中症により入院された方は、なんと776人!!
ということです(厚生労働省 平成29年度熱中症入院患者等
即時発生情報内の(参考)より
)。

このデータは、小さなお子さんや、年配の方も含まれ、
仕事中の人達に限ってないとはいえ、人数の多さには
驚きました。


水分補給をしておかないと、たとえ室内であっても熱中症を
引き起こす危険性があります。熱中症は外だけで起こるもの
ではありません。

これは既に知られている知識だと思いますが、仕事のように、
何かに集中していると、ついつい水分補給することを忘れて
しまいがちです。

この時期はこまめの水分補給!これを意識していきましょう!!

それから、状況把握!!です。

特に外での仕事が多い建設業の方々や、外回りの営業さんは
必須ですよ。

状況把握というのは、自分が置かれている環境の“暑さ指数”
予め把握しておく・・・ということです。


安全大会等で熱中症予防対策のお話をさせていただく際は、
“暑さ指数”を利用しましょう!と口すっぱく言っています。


“暑さ指数”とは簡単に言うと、熱中症を予防するための指標です。
アメリカで提唱された考え方です。



詳しく知りたい方は、環境省のサイトに掲載されていますので、どうぞ!
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)とは?



上記の環境省のサイトでは、この“暑さ指数”も情報提供して
くれています。地域を選択するだけで、簡単に暑さ指数を知る
ことができます。
暑さ指数(WBGT)の実況と予測(環境省熱中症予防情報サイト)




とはいえ、作業現場や自分が実際にいる場所とは誤差が生じます。

だから、
“暑さ指数(WBGT)”を簡単に知りたい!
今いる場所の“暑さ指数”を把握したい!!
という声も多いのですね。



そこで私がおススメしているのが、こちら!!!





小型で軽く、鞄や腰にカラビナでぶら下げられるので、
携帯性抜群です。
それに、なんと言っても、熱中症の注意レベルを
液晶画面と音で知らせてくれるから、わかりやすい!!


ツールを活用し、今年の暑い夏を事故なく乗り越えて
いきましょう!!

自分の身を守れるのは最後は自分自身です。




先日、株式会社エスバイエス様の安全連絡会に参加させていただきました。 


◆えっ?4年も??
 
安全連絡会を発足されてから、今回で5回目の開催とのこと。
このうち、4回講演のご依頼をいただいております。でも、もう4年も??
時の経過にただただ驚くばかりです。。。



<写真はエスバイエスのIさんから。ありがとうございます(^-^)>



◆熱中症対策と経営のリスク管理

今年の講演テーマでした。

今夏は観測史上最高の暑さになると一部で言われていますね。
厚労省の過去統計によれば、熱中症による労災事故件数は平成22年が突出しています。

その時以上に暑くなる可能性があるということは、今年は22年よりも件数が増える可能性大・・・。
そうなっては困りますので、熱中症の正しい知識と、その予防策について。


経営のリスク管理からは、小規模企業共済・経営セーフティ共済制度と、経営を絡めて。
この辺りの資金繰り対策、私は、とても大切だと痛感しています。



◆AED

綜合警備保障のNさんも講師で参加されていらしゃいました。
この安全連絡会で2年ぶりぐらいの再会です。有事のAEDの使用方法(手順)を
わかりやすく解説されていました。

とても勉強になりました。
救急車が現場に到着するまで平均8分と言われていますよね。
その間にAEDが使えない・・・では助かる命を助けられないかもしれないのですから。
もちろん、使う機会がないことが一番ですが、正しい使用方法の知識を身につけて
おく良い機会となりました。



↑このページのトップヘ