社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

タグ:熱中症予防


蒸し暑い日々が続いてますね。
暑さが年々増している気がするのは、私だけでしょうか。

昨年のデータになりますが、熱中症になりやすい7月~8月中に、
熱中症により入院された方は、なんと776人!!
ということです(厚生労働省 平成29年度熱中症入院患者等
即時発生情報内の(参考)より
)。

このデータは、小さなお子さんや、年配の方も含まれ、
仕事中の人達に限ってないとはいえ、人数の多さには
驚きました。


水分補給をしておかないと、たとえ室内であっても熱中症を
引き起こす危険性があります。熱中症は外だけで起こるもの
ではありません。

これは既に知られている知識だと思いますが、仕事のように、
何かに集中していると、ついつい水分補給することを忘れて
しまいがちです。

この時期はこまめの水分補給!これを意識していきましょう!!

それから、状況把握!!です。

特に外での仕事が多い建設業の方々や、外回りの営業さんは
必須ですよ。

状況把握というのは、自分が置かれている環境の“暑さ指数”
予め把握しておく・・・ということです。


安全大会等で熱中症予防対策のお話をさせていただく際は、
“暑さ指数”を利用しましょう!と口すっぱく言っています。


“暑さ指数”とは簡単に言うと、熱中症を予防するための指標です。
アメリカで提唱された考え方です。



詳しく知りたい方は、環境省のサイトに掲載されていますので、どうぞ!
環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)とは?



上記の環境省のサイトでは、この“暑さ指数”も情報提供して
くれています。地域を選択するだけで、簡単に暑さ指数を知る
ことができます。
暑さ指数(WBGT)の実況と予測(環境省熱中症予防情報サイト)




とはいえ、作業現場や自分が実際にいる場所とは誤差が生じます。

だから、
“暑さ指数(WBGT)”を簡単に知りたい!
今いる場所の“暑さ指数”を把握したい!!
という声も多いのですね。



そこで私がおススメしているのが、こちら!!!





小型で軽く、鞄や腰にカラビナでぶら下げられるので、
携帯性抜群です。
それに、なんと言っても、熱中症の注意レベルを
液晶画面と音で知らせてくれるから、わかりやすい!!


ツールを活用し、今年の暑い夏を事故なく乗り越えて
いきましょう!!

自分の身を守れるのは最後は自分自身です。



今日は七夕なのに・・・あいにくの雨。
とはいえ、涼しくて過ごしやすい日になりました。

さて、昨年も熱中症について触れましたが、今年の暑さは異常です。
既に昨年同時期と比較して、死者が4倍とのことです。

‐‐‐以下「読売新聞」からの引用記事‐‐‐
引用元の記事本文はこちらをご覧ください。

5月30日~7月3日の熱中症による死者が19人に達し昨年同時期(6月1日~7月3日)の5人の約4倍となったことが5日、総務省消防庁の統計(速報値)でわかった。

搬送されたのは8,372人で、昨年同時期(2,704人)の約3倍。梅雨のさなかに猛暑が続いているのが原因とみられ、総務省消防庁は「節電が呼びかけられているが、無理せず、エアコンや扇風機を上手に使って、熱中症を予防してほしい」としている。

気象庁によると、昨年は、7月3日までに、最高気温35度以上の猛暑日が計4日で延べ20か所だったが、今年は3日までに計11日、延べ245か所と猛 暑ぶりが際立っている。6月29日には、今年最多の全国74か所で猛暑日を記録し、全国で1,154人が熱中症により搬送され、うち6人が死亡した。

‐‐‐引用記事はココまで‐‐‐


記事本文にもあるように、震災以降、節電が推進されているため、
空調設備の電源を切る傾向があるようですが、熱中症になってしまっては本末転倒です。

もちろん、個々人の節電に対する心掛けは大切なことだと思いますし、これからも続けていくべき大切な取り組みであることは確かです。

しかし、

これぐらいの暑さなら大したことない。我慢・我慢・・・

こうした判断が最悪の事態に繋がってしまうことがあります。

外だけではなく、室内にいても熱中症になります。
特に最近の家屋は、密閉性があるためか、結構熱がこもる建物が多いですよね。

被災地の方々のご苦労を思ったり、節電対策のことを考えると、クーラーをつけることに罪悪感があるかもしれませんが、熱中症になって病院に運ばれ、医療費を使うことになれば、何のための節電なのか?ということになってしまいます。

空調をつける分、他で無駄な電気を使ったりしていないか?
他のところで節電できることはないのか?

それが家庭や職場で見つかれば、その部分の電気は徹底して切るようにする。

個々人では小さなものでしかありませんが、これらが積みあがれば大きな効果(節電)に繋がります。

節電だけに固執せず、暑さが勝るときは、ほんの少しクーラーをつけたり、扇風機をまわしたり、意識的に水分補給することを心掛けていきましょう。


そして、これは職場に対しても言えますね。

会社は、社員の体調に関し安全配慮義務があります。

熱中症も労災の対象となりますが、死にも至る怖いものですので、そうならぬよう、朝礼での呼びかけ等、キチンと対策を実行していきましょう!

《参考》

職場における熱中症予防対策マニュアル(厚生労働省)


↑このページのトップヘ