一度失った信頼を取り戻すことは、そう簡単ではないということがこのデータからも読み取ることができますね・・・。国民年金に限ったデータであるとはいえ、このままでは本当に年金制度が破綻してしまいそうです。


‐‐‐以下「時事ドットコム」より記事を引用‐‐‐
 記事本文はこちら。

厚生労働省は1日、2009年4月~10年2月分の国民年金の保険料納付率が前年度同期比2.1ポイント減の59.4%になったと発表した。保険料は前納でまとめて納付することが多いため、3月分の納付率が大幅にアップすることは見込めず、09年度の納付率は過去最低となった08年度の62.1%を下回ることが確実な情勢だ。納付率が前年度を下回るのは4年連続。
納付率が低下を続ける背景には、不況に伴い勤めていた企業を解雇され、国民年金に加入したものの保険料が払えないケースが増えていることや、年金記録問題に対する不信感が払しょくされておらず、支払いを拒否する例が依然多いことなどがあるとみられる。

‐‐‐引用記事はここまで‐‐‐


この分だと、2009年度の納付率は最終的に60%前後。下手すると60%を下回ることになるかもしれません。

引用記事内にもあるように、昨今の経済不況に伴う影響があるのは十分に考えられることですが、それを差し引いても年金制度に対する不信が原因なのではないでしょうか。


こうした一連の年金問題でいつも私が思うのは、一部の人達が

「年金制度が不信(あてにならない)だから私は絶対に払わない!」

と信念に近いものを持った人がいるということです。


当たり前ですが、滞納し続ければ最終的に老後の年金はもらえません。

ただ、年金制度は老後だけのものではないということ。

ある時、突然事故に遭遇し障害を負ってしまった場合も、保険料を払っていなければ障害年金は受け取れません。

死亡してしまった場合も、残された遺族に遺族年金は支給されません。

もちろん、誰しもがこうなると予測して生きてはいません。

でも、厳しい言い方をすれば、払わなかった人間が悪い!

ある意味、自己責任の問題だと思う訳です。


もっとも、わが国には最終的に生活保護の道が残されている訳ですが、この財源は私たち国民の税金。自分の信念で勝手に払わないと決めていた人が、問題が起きてから、やっぱり・・・といって結局、国の世話になるのはどうも腑に落ちません(憲法の生存権等は無視した佐藤の個人的な意見です)


不信だ何だと文句つけて払わなくていいなら、誰だって払いたくない訳です。アリとキリギリスのイソップ寓話に例えるなら、みんなできることならキリギリスになりたいと思うのが大多数ではないかと思います。

それでも真面目な人達は、苦しくても保険料を納め続けている。

やはり正直者がバカを見る世の中であっては絶対にいけません。

いまの国民年金の徴収制度自体がいびつというか不公平感を抱くもの(強制加入でありながらも、保険料を払うか払わないかの選択権を国民の側に委ねてしまっている)になっている感じがしてなりません。納付率が60%を下回りそうないま、早急に国民年金の保険料徴収のあり方を考えた方が良さそうです。こうした問題が出るたびに、問題の解消方法としては、やっぱり税金等で強制的に取り上げてしまうというのが一番公正で良い方法なのかなぁという感じがしてしまいます。


「福祉目的税」といった言葉が飛び交っていますが・・・。

これを読む皆さまはどう考えられるでしょうか。






最後に、誤解のないようここに書きますが、健康等の理由やその他の問題で働きたくても働けない方もいらっしゃいます。納めたくても保険料を納められない場合の方々に関して当たり前ですがここに含めておりません。

ただ、こうした方々は「免除制度」を利用できる場合があります。同じ保険料を払わないのでも、「保険料の滞納」と「保険料の免除」は意味合いが全く違います。もし、こうした免除制度をご存知ない方は、お住まいの市区町村の国民年金課(市区町村により呼称は異なります)の窓口へ問い合わせされることをオススメいたします。