今日から9月。9月1日といえば「防災の日」ですね。
9月1日が防災の日となったのは、1923年9月1日に関東大震災が発生したことからなのだそうです。特に今年は3月11日の東北地方太平洋沖地震発生もあり、例年以上に各地で防災活動が行われています。

防災訓練は、地震発生時の防護方法をはじめ、避難経路の確認、防災グッズの再確認、負傷時の応急処置方法等にスポットが当てられますが、企業活動として考えたときには、これ以外にも備えておくべきことがあります。


それはBCPの策定。

災害発生から、早期に通常の状態へ復旧させるための行程を事前に考えておく。
規定を設けるだけでなく、来たるべき日に備え、定期的な見直しを図って継続運用しておく。

これらは、中小企業こそ必要なものだと私は考えます。

ところが、大企業・中堅企業になると、専門の部署やチームが設けられBCPを策定し、整備されているのですが、中小企業の場合、これを整備できているところは少ないと思います。

また、どこから手をつけたらいいのかわかない!ということもあるのだと思います。
この辺りのマニュアルについて、中小企業庁のホームページに掲載がありますので、BCP策定の参考にされてはいかがでしょうか?(ご存知の方も多いかもしれませんが・・・)

中小企業BCP策定運用指針(中小企業庁ホームページ)

まずは、基本コースの策定を目指しましょう!

それから、緊急災害時に会社に出勤できる人の確認もしておく必要がありますね。これは、会社に近いところに住んでいる人が対象になると思いますが、現状把握する人を何人か決め、状況報告を誰に・どのような手段で行うのか?予測可能な範囲の行動パターンを決めておいた方がいいでしょう。

これと合わせて、緊急連絡網も作成しておくことです。これらを決めておかないと、緊急時はそれでなくてもパニックになっていますから、情報・連絡が錯綜するおそれがあるためです。

固定電話や携帯電話での連絡のやり取りは難しいですが、インターネット上でのやり取りは有効だと考えます。緊急連絡網もインターネット上で会社・社員間のやり取りができる環境を作ることができないか検討してみることもおススメしています。

こんなことは当たり前だと言われてしまいそうですが、突き詰めて考えている中小企業は意外とありません。私が子供の頃から、関東・東海・東南海地震について、いつ来てもおかしくない状態であることを教えられてきましたが、未だ来ない状態。来ないことは良いことなのですが、来ることは覚悟しておかなければならない事実です。

防災の日である今日こそ、緊急時の対応を今一度、見直しておきたいものです。


------------------------------------------------------------------------------------
皆さまにご協力をお願いしている東日本大震災への緊急支援は、
引き続き行っております。復旧復興に向け微力ながら継続して
参りますので、ご協力お願いいたします。

詳細はこちらから↓
http://justgiving.jp/c/2116
------------------------------------------------------------------------------------