社労士 佐藤正欣の310ch情報プラットホーム(新・社労士サプリメント)

思いつくまま、その時々の色んなことをエントリーしています。
経営者と社員の皆さまに《安心・笑顔・元気》を提供することがモットー!
座右の銘・好きな言葉は《楽しくなければ仕事じゃない!》

《随時加入申込み受付中》
・建設、運送の事業に一人で携わる方々(一人親方)の国の労災保険は、下記リンク先をご覧ください。最短で翌日から加入いただけます。

 建設業の方々は・・・一人親方共済会
 運送業の方々は・・・運送業一人親方共済会

・労働者を雇用されている経営者(中小事業主等)の方々の労災保険は、
 労働保険事務組合 静岡総合労務センターへ!最短で翌日から加入いただけます。

《お知らせ》
○弊社運営団体「一人親方共済会」の商標権(登録第5700463号)を取得いたしました。
他県において、当共済会と同様の名を語り展開する団体とは一切の関係はございませんのでご注意ください。

株式会社エンブレスのfacebookページがリニューアル!皆さまからの「いいね!」お待ちしています。

【所在地】
〒420-0866 静岡市葵区西草深町7番1号 雙英ビル3階
お問い合わせは→こちら。または、info※enbless.co.jpまで(※印を@に変更のうえ送信ください)。

タグ:2010年

2010年の流行語大賞とトップ10の発表は12月1日。

<候補語一覧>(引用 ユーキャン新語・流行語大賞
1 iPad
2 (クロス)カップリング
3 無縁社会
4 3D
5  AKB48
6 K-POP
7 ~なう
8 いい質問ですねえ!
9 名ばかり高齢者
10 イクメン
11 家庭内野党
12 ガラパゴス(ガラケー)
13 ゲゲゲの~
14 白戸次郎もよろしく
15 生物多様性
16 ダダ漏れ
17 ととのいました
18 どや顔
19 なんで一段一段なんだろう
20 ネトゲ廃人
21 バイクコンシャスライフ
22 パウル君
23 はやぶさ
24 パワースポット
25 フェニックス
26 ブブゼラ
27 ホメオパシー
28 もしドラ
29 もってる
30 モテキ
31 リア充
32 ルーピー
33 一兵卒
34 岡ちゃん、ごめんね
35 壊し屋
36 検察審査会
37 見える化(可視化)
38 ・・ぜよ!
39 剛腕
40 国技を潰す気か
41 酷暑
42 最小不幸社会
43 山ガール
44 終活
45 女子会
46 食べるラー油
47 生きもの会議
48 待機老人
49 脱小沢/親小沢/反小沢
50 断捨離
51 東京スカイツリー
52 年金パラサイト
53 買い物難民
54 ゴルコン
55 本田△(ほんださんかっけー)
56 アジェンダ
57 33人の奇跡
58 (W杯)ベスト16
59 イラ菅/ダメ菅/○○菅
60 2位じゃダメなんですか


さすがエントリーされた語群!
語群をみていると、今年の1月から現在に至るまでの出来事をパッと振り返ることができるものばかりですね。

気になるのは、候補語の中に「高齢社会」を表すキーワード(赤い文字)がいくつもエントリーされている点。こうした流行語のエントリー語群の面でも浮き彫りになってしまうというのは、それだけ今の日本が高齢化問題を抱えているという事実を、改めて突き出されているように思いました。


そして「28 もしドラ」は、企業の経営者や部下を持つ管理職の方々にオススメの1冊です。アニメ化も決定されたようで、累計160万部を超える大人気の小説です。経営学の父であるドラッカーと野球部女子マネージャーである高校生を結びつけて物語が進むところが個人的には感動しました。(以前、もしドラについてエントリーした記事はこちらをご覧ください。


ちなみに昨年(2009年)の流行語大賞を皆さんは覚えているでしょうか?



「政権交代」です。

あれから1年・・・

華々しく政権交代をしましたが、あの頃の国民の期待感はいずこへ。。。


今年の年間大賞は、どれになると思いますか?

私は、AKB48と予想しておきます。テレビやCMで見ない日はないですもんね~。この人気って凄いと思います・・・。

今日は、期日前投票に行ってきました。

選挙戦に突入したある日を境に突然、消費税引き上げ議論が沸きあがり、新聞・テレビを見れば、こぞって「欧州の消費税」が取り上げられたりしていますが、日本と税制が違ううえに、根底に敷かれている仕組みや、消費税の使い途すら異なっているものを、いまここで比較してどうすんだろう?と私は違和感を感じています。

制度を馴染ませていくにも、根底からの見直しと、相当な時間がかかる。選挙戦略の一環としてポッと出た議論でもって、国民が簡単に答えを出せるような問題じゃあないですよね。


しかし、こうした背景を見ていると、細川政権時代に「国民福祉税構想」ってのがあったよな~と当時を思い出します。確か1994年か95年だったような・・・。あの当時では、新しすぎる発想だったのか?今では、当たり前のように「国民福祉税構想」的な議論がされている。もしあの時・・・という議論こそ意味のない話だけど、うまく導入されてたら今の日本はどうなっていただろう?と考えてしまいました。


 年金

 介護

 医療

 高齢化

 少子化

 人口減少

 労働力人口低下

 国の借金


問題・課題は山積です。
消費税増税の話題やら何やらぐちゃぐちゃで煙に巻かれた感がありますが、どの政党が日本をより良い方向へと舵をきってくれるのか?今回はいつになく悩みました。マニフェストを参考にしつつ、候補者や政党が主張している内容と、自分自身の考え方が近いところに一票を投じてきました。


若い世代の方は、ぜひ投票に行きましょうね!!

どうせ何も変わらない・・・と1票を無駄にしているから、票を投じてくれる世代を焦点とした政策しか行われないのです。若い世代が蔑ろにされるのはそのせいです。ある意味、私たちの身から出た錆だと肝に銘じなければならないと思います。たった1票かもしれませんが、この1票の意思表示が積もり積もって大きな力になります。


せっかくの我々に与えられている「権利」なのだから、キチンと権利は行使していきましょう!!権利は使わないと意味がありません。


今回の参院選の結果は、また今までと異なった形で政局に大きな変化をもたらすのではないかと感じています。結果が楽しみですね。


■参考
 参議院選挙2010 Yahoo!みんなの政治


↑このページのトップヘ